憧れのハワイ航路 歌詞の意味

晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音たのし

「晴れた空 そよぐ風」が歌い出しの『憧れのハワイ航路』は、岡晴夫の歌唱により1948年(昭和23年)にリリースされた歌謡曲。作詞:石本美由起、作曲:江口夜詩。

現代では飛行機で気軽に行ける観光地ハワイだが、昭和初期における海外への船旅は非常に高額で、一般庶民にはほとんど縁の無い「憧れの」ハワイ航路だった。

写真:ハワイ・ワイキキビーチ(出典:Wikipedia)

昭和初期のハワイ航路とは、一体どのような船旅だったのだろうか?

『憧れのハワイ航路』が指し示している具体的なモデルは明らかではないが、昭和初期のハワイ航路と言えば、日本郵船の豪華客船・浅間丸(あさままる)による横浜ーサンフランシスコ間(ホノルル経由)の航路が有名。

このページでは、昭和初期の豪華客船・浅間丸とハワイ航路について、簡単に情報をまとめてみたい。その後で、『憧れのハワイ航路』の有名な一番の歌詞について、ポイントとなる二つのキーワードを解説していく。

なお、作詞者はハワイ航路への乗船経験が無かったため、地元・広島県の山から見た瀬戸内海上の商船をモデルにイメージを膨らませて作詞したという。

【試聴】憧れのハワイ航路

ハワイ航路と豪華客船・浅間丸

昭和初期のハワイ航路を象徴する豪華客船・浅間丸(あさままる)。1929年(昭和4年)に就航した日本郵船の貨客船で、横浜ーサンフランシスコ間をホノルル経由で結んだ。

淺間丸

写真:当時の淺間丸(初代/1931年撮影/出典:Wikipedia)

当時の外国船と比べると規模は小さかったが内装は豪華で、その壮麗さから「太平洋の女王」と呼ばれることもあったようだ。

太平洋横断の速度記録を更新するなど性能面でも優れ、1932年のロサンゼルスオリンピックで日本選手の渡米に用いられた。

淺間丸の模型

写真:淺間丸の模型(出典:日本郵船公式ツイッター)

他にも、ハリウッドスターのダグラス・フェアバンクスとメアリー・ピックフォード夫妻が来日した際に乗船したほか、ヘレン・ケラーが1937年(昭和12年)に3か月ほど訪日した際に彼女を日本へ運んだのも浅間丸だった。

第二次大戦中は交換船・輸送船として活躍した浅間丸は、1944年11月1日、台湾南部の高雄へ航行中に、アメリカ海軍の潜水艦アトゥルの魚雷攻撃を受けて沈没した。

歌詞の意味・補足

『憧れのハワイ航路』一番の歌詞では、客船に関連する「ドラ」と「別れテープ」というキーワードが登場する。その意味や由来などについて簡単に解説しておきたい。

晴れた空 そよぐ風
港出船の ドラの音たのし
別れテープを 笑顔で切れば
のぞみ果てない 遥かな潮路
ああ 憧れの ハワイ航路

<作詞:石本美由起『憧れのハワイ航路』一番の歌詞より引用>

「ドラの音」の「ドラ」とは、中国に由来する円盤状の金属製打楽器「銅鑼(どら)」のこと。和菓子「どら焼き」の語源・由来とも言われる。

ドラの実演 青函連絡船 講演会

写真:ドラの実演(第12回青函連絡船講演会/出典:ブログ「西乃湯」)

日本では、船舶の出港時に、船員が手持ちの小さめなドラを打ち鳴らす慣習がある。航行中の視界不良時には、近隣の船舶に対する音響信号として用いられる。

【試聴】 ドラを打ち鳴らす様子

ちなみに、藤子・F・不二雄「ドラえもん」のドラは、ドラ猫のドラに由来している(ネコ型ロボットなので猫つながり)。ドラ猫のドラは「野良猫(のらねこ)」の「のら」が強調された語句のようだ。

ドラえもんは和菓子の「どら焼き」が大好物というキャラクター設定があるが、これもドラ猫のドラから着想したものだろう。

別れテープは日本生まれ

歌詞の「別れテープ」とは、クルーズ船や離島のフェリーなどの大型船が出港する際に、船と岸壁を結ぶように投げ込む色とりどりの紙テープのこと。

主に世界一周や日本一周などの長期にわたる航路の出港時や、3月の卒業シーズンに島を離れる人を見送る際など、別れを惜しんだり旅立ちを祝う意味合いで用いられる。

金沢港「飛鳥Ⅱ」出港見送りイベント

写真:金沢港「飛鳥Ⅱ」出港見送りイベント(出典:ブログ「i北陸」)

この紙テープの慣習は、実は日本独自のもの。1915年のサンフランシスコ万博で考案された。

当初、緩衝材(クッション材)やラッピング材として万博会場で売り出した紙テープだったが、いずれの用途でもまったく紙テープは売れなかった。

そこで目を付けたのが、万博会場近くの港に集まっていた世界各国の客船。見送りに来ていた人々に紙テープを風になびかせて見せ、「テープで別れの握手をしませんか?」と売り込みをかけると、これが大当たり。「別れテープ」誕生の瞬間だった。

その後「別れテープ」は、外国船では定着せず、日本の客船のみで行われる独自の慣習として定着した。現代の日本でも、機会こそ少なくなったが、長期に渡る航路の出港時などで、この別れの紙テープが行われている。

関連ページ

戦後の歌謡曲・童謡 昭和20年代の有名な歌
戦後の復興を歌声で支えた昭和20年代のヒット曲まとめ
有名なハワイ音楽 ハワイアン・ミュージック
『アロハオエ』、『カイマナヒラ』など、有名なハワイアン・ミュージックまとめ