美しい五月に シューマン『詩人の恋』より

とても美しい五月 僕の心の中には 恋が芽生えた

『美しい五月に』は、19世紀ドイツの作曲家ロベルト・シューマンが1840年に作曲した連作歌曲『詩人の恋』第1曲。

ドイツ語の原題は『Im wunderschönen Monat Mai』。英語で直訳すると「in the beautiful month of May」。

ドイツ・ヘッセン州のガーデンイベント

写真:ドイツ・ヘッセン州のガーデンイベント(出典:Good Time Germany)

『美しい五月に』を含め、連作歌曲『詩人の恋』の歌詞は、ドイツの詩人ハインリヒ・ハイネの詩集「歌の本 Buch der Lieder」から引用されている。

なお、『詩人の恋』が作曲された1840年半ばはクララとの結婚を直前に控えた時期であり、ロベルト・シューマンが次々と歌曲を生みだした「歌曲の年」と呼ばれている。

【試聴】美しい五月に 歌:F. WUNDERLICH

歌詞の意味・日本語訳(意訳)

Im wunderschönen Monat Mai,
Als alle Knospen sprangen,
Da ist in meinem Herzen
Die Liebe aufgegangen.

とても美しい五月に
すべてのつぼみが開く
僕の心の中には
恋が芽生えた

Im wunderschönen Monat Mai,
Als alle Vögel sangen,
Da hab ich ihr gestanden
Mein Sehnen und Verlangen.

とても美しい五月に
鳥たちはみな歌う
僕は彼女に打ち明けた
彼女への憧れと想いを

関連ページ

詩人の恋 シューマン 歌曲集
クララとの結婚を控えた歌曲の年に作曲されたシューマンの最も有名な歌曲集
ロベルト・シューマン 有名な曲
『トロイメライ』、『幻想小曲集』など、19世紀ドイツの作曲家ロベルト・シューマンの有名な曲まとめ
ハイネ詩集『歌の本』とドイツ歌曲
『美しい五月に』以外にも、シューベルトやメンデルスゾーンなどがハイネの詩集『歌の本』に作曲した歌曲を発表している。
ドイツ歌曲(リート)有名な曲 歌詞の意味
『野ばら』、『ローレライ』、『歌の翼に』など、19世紀ロマン派ドイツ歌曲を中心とした定番の作品解説