あなたの声に私の心は開く

Mon cœur s'ouvre à ta voix
サン=サーンス(Camille Saint-Saëns/1835-1921)

歌劇「サムソンとデリラ」で歌われる人気のアリア

サン=サーンス: サムソンとデリラ、他

『あなたの声に私の心は開く』は、サン=サーンス作曲のオペラ「サムソンとデリラ」で歌われるアリア。

第3幕第2場で演奏されるバレエ音楽『バッカナール(バッカナーレ)』とともに、同オペラを代表する楽曲として人気が高い。

原題は「Mon cœur s'ouvre à ta voix」。邦題は「私の心はあなたの声に開く」、英語では「Softly awakes my heart」、「My heart opens itself to your voice」などとも表記される。

映画やフィギュアスケートでも

同曲は、クリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務めた映画「マディソン郡の橋 The Bridges of Madison County」(1995年公開)サントラとして印象的に用いられた。

また、女子フィギュアスケート選手のジョアニーロシェット(Joannie Rochette/カナダ)が2009-2010 フリープログラム(FS)で使用した。

ちなみに、オペラ「サムソンとデリラ」で演奏される『バッカナール(バッカナーレ)』は、安藤美姫(あんどう・みき)選手の2007-2008 ショートプログラム(SP)曲としても知られている。

フィギュアスケートで使われた曲・プログラム

オペラ「サムソンとデリラ」とは?

「サムソンとデリラ Samson et Dalila」は、旧約聖書「士師記」に基づく3幕からなるオペラ。「サムソンとダリラ」、「サムスンとデリラ」などの表記も見られる。

メゾソプラノを主役にした数少ないオペラの一つで、19世紀前半のフランス・パリのオペラ座を中心にして流行したグランド・オペラ(grand opera)様式に概ね沿って書かれている。

同作のあらすじ・ストーリーについては、こちらの「サムソンとデリラ」のページで解説しているので適宜参照されたい。

サン=サーンスの代表曲は?

サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns/1835-1921)は、19世紀フランスの作曲家・ピアニスト。モーツァルトと並び称される神童タイプで、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われている。

代表曲は、組曲『動物の謝肉祭』交響曲第3番『オルガン付き』、交響詩『死の舞踏』など。

特に交響曲第3番『オルガン付き』の第2楽章で演奏されるオルガンのメロディは、映画「ベイブ」、TVアニメ「ルパン三世」など、映画やアニメなどで使われることがある。

有名なクラシック音楽 一覧へ

【試聴】 マリア・カラス Maria Callas "Mon coeur s'ouvre a ta voix "

ヤマハの楽譜ダウンロードサイト「ぷりんと楽譜」で楽譜を探す
アマゾンMP3 試聴・ダウンロード