夜の女王のアリア 歌詞の意味・和訳

復讐の炎は 地獄のように我が心に燃え 聞け、復讐の神よ!

『夜の女王のアリア』は、モーツァルトの歌劇『魔笛』(まてき/The Magic Flute K.620)第2幕に登場するアリア。

夜の女王が娘パミーナにナイフを渡して、宿敵ザラストロを討ち果すよう命じる場面で謡われる。

舞台美術家シンケルによる「夜の女王」

写真:舞台美術家シンケルによる「夜の女王」(出典:Wikipedia)

原題は『Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen』(復讐の炎は地獄のように我が心に燃え)。英題は「Hell's vengeance boils in my heart」。

ソプラノによる高い音域での装飾的・技巧的な歌唱はコロラトゥーラ(coloratura)と呼ばれ、テレビ番組・CMなどでこのコロラトゥーラによる超絶技巧の部分がスポット的に取り上げられる。

他作品のコロラトゥーラとしては、ロッシーニ歌劇『セビリアの理髪師』より『今の歌声は』が有名。

【試聴】モーツァルト『夜の女王のアリア』

歌詞の意味・和訳

Der Hölle Rache kocht
in meinem Herzen,
Tod und Verzweiflung
flammet um mich her!

復讐の炎は地獄のように我が心に燃え
死と絶望が私の周りで燃え上がる!

Fühlt nicht durch dich
Sarastro Todesschmerzen,
So bist du meine Tochter nimmermehr.

ザラストロに死の苦しみを与えなければ
お前はもはや私の娘ではない

Verstossen sei auf ewig,
Verlassen sei auf ewig,
Zertrümmert sei'n auf ewig
Alle Bande der Natur.

永遠に勘当し
永遠に見捨て
永遠に粉砕する
全ての生まれつきの絆を

Wenn nicht durch dich
Sarastro wird erblassen!
Hört, Rachegötter,
hört der Mutter Schwur!

もしお前によって
ザラストロが青ざめないなら!
聞け 復讐の神よ
母の誓いを聞け!

オペラ『魔笛』関連曲

可愛い娘か女房がいれば
第2幕に登場するパパゲーノのアリア
俺は鳥刺し(パパゲーノのアリア)
夜の女王の娘パミーナ救出に向かった二人の運命は?

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴