She Wore a Yellow Ribbon
黄色いリボン

遠くの彼氏が恋しくて、頭に巻いた黄色いリボン

『She Wore a Yellow Ribbon』は、アメリカの古い民謡。ジョン・ウェイン主演のアメリカ映画『黄色いリボン』で使用され、世界的に有名になった。

映画『黄色いリボン』は、アメリカ西部開拓時代の騎兵隊がテーマ。馬つながりということで、日本では競馬のテレビCMで使われることがある。

遠く 遠く 恋人想って黄色いリボン

歌詞の中では、遠くに行ってしまった彼氏の無事を願い、黄色いリボンを身につける女性が登場する。黄色いリボンと言えば、アメリカでは黄色いリボンを木に巻きつける習慣があるそうだ。

この「黄色」には何か意味があるのだろうか?どんな人がどんな理由で黄色いリボンを身につけるのだろうか?これらの謎については、『ドナドナ研究室 黄色いリボン』で明らかに。

【関連ページ】 『ドナドナ研究室 黄色いリボンの謎』

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集へ

【試聴】黄色いリボン

歌詞(一部)・日本語訳(意訳)

Round her head she wore a yellow ribbon
She wore it in September and in the month of May;
They asked, they asked the reason why she wore it.
She wore it for her sweetie who was far, far away

彼女が巻いてる黄色いリボン
5月と9月に身に着ける
みんなが理由を尋ねると
遠くの彼氏のためだとさ

. Far away, far away
And she wore it for her sweetheart
Who was far, far away.

遠く 遠く 恋人想って黄色いリボン