When the Saints Go Marching In
聖者の行進(聖者が町にやってくる)

ジャズ発祥の地ルイジアナ州ニューオリンズでは葬列マーチ

『聖者が町にやってくる』は、スピリチュアル(黒人霊歌)に起源を発するアメリカ歌曲。現在はゴスペルやジャズナンバーとして有名。

歌詞の内容はタイトルの通り宗教色が強く、特に「ヨハネの黙示録(the Book of Revelation)」の内容が歌詞の随所に盛り込まれている。

ジャズ発祥の地ルイジアナ州ニューオリンズでは葬儀の際に用いられ、この慣習は「ジャズ葬儀(Jazz funeral)」と呼ばれている(写真:ニューオリンズの聖アウグスティヌス教会で葬列を率いるジャズ奏者/出典:Wikipedia)。

教会音楽をブラスバンドに取り入れたサッチモ

アメリカではゴスペルとしても親しまれている『聖者の行進』。この曲をブラスバンド・ジャズの世界へいち早く取り入れたミュージシャンといえば、サッチモの愛称で有名なルイ・アームストロングが有名だ。

ルイ・アームストロング(Louis Daniel Armstrong/1901-1971)は、トランペット奏者としてだけでなく歌手としても有名で、特に『この素晴らしき世界(What a Wonderful World)』は世界的に大ヒットを記録した。

When the Saints Go Marching In - ルイ・アームストロング

【Amazon MP3】

ルイ・アームストロング 『When The Saints Go Marching In』 試聴・ダウンロード

【関連ページ】 スタンダード・ジャズ特集へ

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集へ

【試聴】聖者の行進

歌詞(一部)・日本語訳(意訳)

Oh, when the saints go marching in
Oh, when the saints go marching in
Lord, how I want to be in that number
When the saints go marching in

おお 聖者達が行進して行く
おお 聖者達が行進して行く
主よ 私もあの列に加わりたい
聖者達が行進して行く