Swing Low, Sweet Chariot
スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット

もし君が先に着いたのなら 僕もすぐに行くよと伝えておくれ

『Swing Low, Sweet Chariot スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット』は、テネシー州ナッシュビルのフィスク大学で1870年代に活動していたアフリカ系アメリカ人グループ「ジュブリー・シンガーズ(the Jubilee Singers)」によってアメリカ各地に広められた黒人霊歌。

アメリカ南北戦争後にアメリカ先住民チョクトー族の奴隷が歌っていたのを採譜されたといわれるが、誰がいつ作詞・作曲したものかは明らかになっていない。

歌詞にはチャリオットに乗って天国へ昇る描写があるが、これは旧約聖書に登場するユダヤ人の預言者エリヤ(the Prophet Elijah)が火の戦車に乗って天に昇っていく様子と関連があるとされている。

チャリオット(Chariot)とは、兵士を乗せ馬に引かせる戦闘馬車を指し、シュメール、ヒッタイト、アッシリア、古代エジプト、ローマ、ペルシア、古代中国、古代インドなどで使用された。

なお、19世紀初頭のアメリカで南部州から黒人奴隷を北部州に逃れさせる活動をしていた秘密組織「地下鉄道」との関係で、「チャリオット=北部州への亡命」的な暗示がこの歌に込められていると指摘する説もあるが、真偽の程は定かではない。

【関連ページ】 黒人霊歌・スピリチュアル特集

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集

【試聴】Swing Low, Sweet Chariot

Gospels, Spirituals & Hymns マヘリア・ジャクソン

歌詞・日本語訳(意訳)

Refrain

Swing low, sweet chariot,
Coming for to carry me home,
Swing low, sweet chariot,
Coming for to carry me home.

<リフレイン>

静かに揺れる 愛しのチャリオット
僕を迎えに来る
静かに揺れる 愛しのチャリオット
故郷へと運んでおくれ

I looked over Jordan, and what did I see?
Coming for to carry me home,
A band of angels coming after me,
Coming for to carry me home.

ヨルダン河に見たものは
故郷へと運んでおくれ
舞い降りる天使の群れ
故郷へと運んでおくれ

Refrain

If you get there before I do,
Coming for to carry me home,
Tell all my friends I’m coming, too.
Coming for to carry me home.

もし先に着いたのなら
故郷へと運んでおくれ
僕もすぐに行くよと伝えてくれ
故郷へと運んでおくれ

Refrain

I’m sometimes up and sometimes down,
Coming for to carry me home,
But still my soul feels heavenly bound,
Coming for to carry me home.

時には浮き沈みがあっても
故郷へと運んでおくれ
僕の魂は天国と繋がっているんだ
故郷へと運んでおくれ

Refrain

The brightest day that I can say,
Coming for to carry me home,
When Jesus washed my sins away,
Coming for to carry me home.

最も人生で輝かしい日とは
故郷へと運んでおくれ
神が全ての罪を拭い去ってくれたときだ
故郷へと運んでおくれ

Refrain

関連ページ

When the Chariot Comes ウェン・ザ・チャリオット・カムズ
童謡『ピクニック(丘を越え行こうよ 口笛吹きつつ)』の原曲?
黒人霊歌・スピリチュアル
『アメイジング・グレイス』、『深い河』、『こげよマイケル』など、日本でも有名な黒人霊歌・スピリチュアルミュージック特集