トイホラ(みかん畑で)

ポーランド民謡『To i hola

『みかん畑で』は、ポーランド民謡『トイホラ To i hola』を原曲とする日本の子供向けの歌。

歌い出しは「川の音にみかんがゆれる」。NHK「みんなのうた」で1963年12月に初回放送された(作詞:小林幹治)。

ミカン売り場のテーマソング?

日本語版『トイホラ』ともいうべき『みかん畑で』の歌詞では、適度な自然描写とともに、1番から4番の歌詞まで「みかん」というキーワードが随所にちりばめられ、ミカン売り場のテーマソングとしてもそのまま使えそうな内容となっている。

もちろんコーラス部分は、原曲の「トイホラ ホララーラ」をしっかりと受け継いでいる。ちなみにこのコーラスは、歌詞と歌詞の間を埋める役割を持った、具体的な意味のない囃子言葉(はやしことば)と思われる。日本の民謡でいうと『ソーラン節』の「ヤーレン ソーラン」のようなものか。

ポーランド民謡の歌詞の内容は?

原曲のポーランド民謡『トイホラ To i hola』の歌詞では、結婚を控えた美しい娘の視点からストーリーが描かれている。

彼女は果樹園の娘のようだが、特に何の果物を育てているのかについては言及されてないようだ。おそらくこの「果樹園」というのが、日本語版の「みかん」につながっているのだろう。

青い瞳を持った美しい娘は、彼との結婚を望んでいるが、母親は何故かまだ娘をお嫁に出したくないという。

でも若い娘は、「愛し合う私たちに誰も口出しはさせない」と意志は固い様子。周囲から邪魔されるほど、恋の炎は燃え上がるものなのだろうか。

【試聴】To i hola - Rokiczanka (Official HD Video)

関連ページ

ポーランド民謡 有名な歌
『森へ行きましょう』、『歌うよカッコー(カッコウ)』、『おしゃべりあひる』など、日本でも有名なポーランド民謡特集