マリア・リスボア(リシュボア)
Maria Lisboa

『異邦人』の元ネタ? ポルトガル民族歌謡「ファド」の名曲

『Maria Lisboa マリア・リスボア(リシュボア)』は、ポルトガルの有名な民族歌謡(ファド Fado)。「リスボア」とはポルトガルの首都リスボンを意味する。

この曲は、日本の歌謡曲である『異邦人』(歌:久保田早紀)と曲調やメロディ進行が似ており、いわゆる「元ネタ・原曲」として引き合いに出されることが多い。

ポルトガル・リスボンのアルファマ旧市街

ファド(Fado)とは?

ファド(Fado)とは「運命」、または「宿命」を意味する。レストランなどで歌われる大衆歌謡として1820年代に生まれた。

19世紀中頃に入ると、リスボンのマリア・セヴェーラの歌によって現在の地位を得た。主にポルトガルギター(ギターラ)と、ヴィオラ(クラシック・ギター)で伴奏される。

有名な女性歌手としては、アマリア・ロドリゲス(Amália Rodrigues/Amalia Rodrigues/1920-1999)が「ファドの女王」として国内外で知られている。

The Art of Amália Rodrigues Vol. I - アマリア・ロドリゲス

【Amazon MP3】

アマリア・ロドリゲス『マリア・リスボア』 試聴・ダウンロード

アマリア・ロドリゲス アルバム「Fado Spirit Vol. 2」 試聴・ダウンロード

【関連ページ】 ヨーロッパ各国の民謡インデックス

【関連ページ】 世界の民謡・童謡 インデックス

"Sezession" mouse on the keys
【CD】 Art of Amalia (輸入盤)
「(Amália Rodrigues/Amalia Rodrigues/1920-1999)の歌声が堪能できる。

【試聴】マリア・リスボア(リシュボア) Maria Lisboa

【試聴】異邦人 久保田早紀

中森明菜 『異邦人』 9曲目に収録 アルバム「歌姫 2 - Zero Album -」より