船頭可愛いや 古関裕而

古関裕而の作曲による戦前の大ヒット曲

『船頭可愛いや』(せんどうかわいや)は、 作詞:高橋掬太郎、作曲:古関裕而(こせき ゆうじ)により、昭和10年(1935年)にレコード発売された歌謡曲。

歌い出しの歌詞は「夢もぬれましょ 潮風夜風(しおかぜ よかぜ)」。

女性歌手の音丸(おとまる/1906-1976)は、同曲の大ヒットにより、小唄勝太郎や市丸、赤坂小梅などの芸者歌手に並ぶ人気を獲得した。

柳川の川下り

写真:柳川の川下り(出典:ぐるなび)

作詞の高橋掬太郎(たかはし きくたろう/1901-1970)は、昭和6年(1931年)に『酒は涙か溜息か』(作曲:古賀政男)で作詞家としてデビュー。

戦前から戦後にかけて、『船頭可愛いや』、『啼くな小鳩よ』、『ここに幸あり』、『古城』などのヒット曲を数多く残した。

作曲の古関裕而(こせき ゆうじ/1909-1989)は、『長崎の鐘』、『高原列車は行く』などの歌謡曲の他、高校野球テーマ曲『栄冠は君に輝く』や『阪神タイガースの歌(六甲おろし)』など、数多くの応援歌・テーマ曲を手がけた。

2020年のNHK朝ドラマ「エール」は、応援歌の名曲を残したこの古関裕而がモデルとなっている。

【試聴】 レコード音源 船頭可愛いや 音丸

【試聴】 船頭可愛いや 歌:三浦 環

【試聴】 美空ひばり 船頭可愛や

関連ページ

古関裕而 こせきゆうじ 有名な歌・楽曲
NHK朝ドラ「エール」主人公のモデルとして注目を集める名作曲家
船頭さん 童謡の歌詞
村の渡しの 船頭さんは♪ それ ぎっちら ぎっちら ぎっちらこ♪
音戸の舟唄 おんどのふなうた
船頭可愛いと 沖行く船に 瀬戸のあの娘の 袖濡らす
昭和初期の有名な歌謡曲・童謡・唱歌
激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ