長崎ぶらぶら節 歌詞の意味

秋はお諏訪のシャギリで 氏子がぶーらぶら♪

『長崎ぶらぶら節』は、江戸時代の俗謡・流行歌に由来する長崎県民謡。長崎市内で広まったお座敷唄で、単に『ぶらぶら節』とも呼ばれる。

歌詞では、諏訪神社、丸山の茶屋「花月」、梅園身代り天満宮などの長崎市の名所・名物などが歌われている。

映画「長崎ぶらぶら節」DVD

作詞家・作家のなかにし礼は、『長崎ぶらぶら節』を題材とした同名の小説で1999年に直木賞を受賞。同小説は吉永小百合主演で翌年に映画化された。

『長崎ぶらぶら節』には様々な歌詞が存在するが、中でも特に有名な歌詞について、その意味を一つ一つ解説してみたい。小説・映画についても後述する。

【試聴】 長崎ぶらぶら節 川崎桂子

長崎名物 はたあげ盆祭り

 長崎くんち

長崎名物 はたあげ盆祭り
秋はお諏訪のシャギリで
氏子がぶーらぶら
ぶらりぶらりと云うたもんだいちゅう

「はたあげ」とは、凧揚げ(たこあげ)のこと。「紙鳶揚げ」とも表記される。江戸時代の長崎出島ではインドネシア系の菱形凧が持ち込まれ、凧揚げが盛んに行われた。長崎では凧は「ハタ」と呼ばれた。

「お諏訪」とは、長崎くんちで有名な長崎市の諏訪神社のこと。

「シャギリ」とは、笛・太鼓・鉦(かね)などによるお囃子(はやし)。歌舞伎や寄席の太鼓などもこう呼ばれる。

「氏子」(うじこ)とは、神社のある地域に住む人のこと。

「ちゅう」とは、「~という」が変化したもの。『長崎ぶらぶら節』のルーツである江戸時代の『やだちゅう節』の名残。

遊びに行くなら 花月か中の茶屋

長崎・史跡料亭「花月」

写真:長崎・史跡料亭「花月」(出典:じゃらんnet)

遊びに行くなら 花月か中の茶屋
梅園裏門叩いて
丸山ぶーらぶら
ぶらりぶらりと云うたもんだいちゅう

長崎の丸山は、江戸時代に吉原、島原(京都)と並ぶ天下の三大遊郭として栄えた町。

由緒ある丸山の妓楼・引田屋(ひけたや)には離れの茶屋「花月」があり、井原西鶴、向井去来、頼山陽、円山応挙、与謝野鉄幹、北原白秋など数多くの文人墨客が訪れた。

海外からは、「革命の父」孫文やドイツの医師シーボルトなども立ち寄っている。幕末には、坂本龍馬など維新の志士らが出入りした。龍馬直筆の書なども残されている。

花月は現在でも、県指定史跡の料亭として営業を続けている。

梅園 身代り天満宮

「梅園(うめぞの)」とは、花月の裏にある身代り天満宮のこと。 「中の茶屋」はその裏手にある有名な茶屋。

梅園身代り天満宮

写真:梅園身代り天満宮(出典:長崎市公式観光サイト「あっと! ながさき」)

身代りの由来について

江戸時代にこの天満宮を創設した安田次右衛門は、ある夜何者かに襲われ、左脇腹を槍で刺され倒れた。

槍で刺されたはずだったが、おかしなことに体のどこにも傷がない。自邸に戻ってみると、祠(ほこら)の天神像が左脇腹から血を流していたという。

この祠は身代り天満宮として丸山の遊女達が参拝に訪れ、『長崎ぶらぶら節』にゆかりの深い愛八もよく参拝していたようだ。

小説・映画化

細川たかし『北酒場』や北島三郎『まつり』を手掛けた作詞家・作家のなかにし礼は、『長崎ぶらぶら節』を題材とした同名の小説で1999年に直木賞を受賞。

同小説は吉永小百合主演で翌年に映画化され、吉永小百合は第24回日本アカデミー賞における最優秀主演女優賞に輝いた。

なかにし礼「長崎ぶらぶら節」(新潮文庫)

写真:なかにし礼「長崎ぶらぶら節」(新潮文庫)

西條八十役は岸部一徳(きしべ いっとく)、古賀十二郎役は渡哲也(わたり てつや)が演じた。

音楽は、ドラマ「ショムニ」、「ごくせん」、NHK大河ドラマ「天地人」などを手掛けた大島ミチルが担当。

小説と映画のヒットによって、古き花街・丸山は再び脚光を浴び、愛八の足跡を訪ねて歩く観光客が急増した。

あらすじ・ストーリー

日本三大花街の一つである長崎・丸山で10歳から奉公を始め人気芸者となった名妓・愛八は、若手を教える立場になったころ、「長崎学」の先駆者として知られた古賀十二郎から誘われ、古老らを訪ね歩く旅を始める。

民謡、子守歌、隠れキリシタンの聖歌など貴重な歌を記録する旅の中で、愛八は忘れ去られ温泉町の老妓がかろうじて覚えていた「ぶらぶら節」と出会う。

愛八の歌う「ぶらぶら節」は民謡探訪の取材をしていた詩人の西条八十に感銘を与え、西条のプロデュースにより1931年(昭和6年)にレコード化される。

その他の歌詞

大井出町の橋の上で 子供のはた喧嘩
世話町が五、六町ばかりも
ニ、三日ぶらぶら
ぶらりぶらりと云うたもんだいちゅう

梅園太鼓に びっくり目を覚まし
必ず忘れぬように また来て下しゃんせ
しゃんせしゃんせと 云うたもんだいちゅう

旗揚げするなら金毘羅風頭(こんぴらかざがしら)
帰りは一杯機嫌で
瓢箪ぶらぶら
ぶらりぶらりと云うたもんだいちゅう

今年ゃ十三月 肥前さんの番替わり
城ヶ島(四郎ヶ島)見物がてらに オロシャがぶうらぶら
ぶらりぶらりと いうたもんだいちう

嘉永七年 甲(きのえ)の寅の年
先ず明けまして 年頭(ねんと)の御祝儀 一杯屠蘇機嫌
酔うた酔うたと云うたもんだいちゅう

関連ページ

西条八十 有名な童謡・代表曲
『長崎ぶらぶら節』のレコード化に貢献した西条八十(さいじょう やそ)の有名な曲まとめ。『青い山脈』、『東京音頭』、『鞠と殿さま』など。
長崎くんち
本踊りの後の「所望踊り(アンコール)」で『長崎ぶらぶら節』がよく用いられる。
九州の有名な民謡・童謡
『炭坑節』、『黒田節』、『おてもやん』など、九州地方7県に関連する有名な民謡・童謡・祭りの歌まとめ
昭和初期の有名な歌謡曲・童謡・唱歌
『蒲田行進曲』、『丘を越えて』、『月の沙漠』など、