おたまじゃくしはカエルの子
お玉杓子は蛙の子

おたまじゃくしはカエルの子 ナマズの孫ではないわいな

『おたまじゃくしはカエルの子(お玉杓子は蛙の子)』は、アメリカ民謡『リパブリック讃歌』のメロディで歌われる日本の童謡・子供向けの歌。

永田哲夫氏による日本語歌詞は4番まであり、「AはBではない、その証拠に…」といった形式で歌が進められていく。

例えば一番の歌詞では、「おたまじゃくしは カエルの子」「ナマズの孫ではない」としたうえで、その証拠に「やがて手が出る足が出る」と締めくくられている。

同様に2番では、「でんでんむしは かたつむり」「サザエの孫ではない」と始まり、その証拠にツボ焼きにしようにもフタがないとオチをつけている。

3番ではすすきの穂、4番ではタコが取り上げられている。

【試聴】おたまじゃくしはカエルの子

その他の有名な替え歌は?

ちなみに、アメリカ民謡『リパブリック讃歌』のメロディにつけられた日本の有名な替え歌としては、次のような曲が広く知られている。

『ともだち讃歌』(作詞:阪田寛夫)

ひとりとひとりが腕組めば たちまち誰でも仲良しさ

ごんべさんの赤ちゃん

ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた そこであわててシップした

ヨドバシカメラの歌・CMソング

新宿西口 駅の前 カメラはヨドバシカメラ♪

おはぎがお嫁に行くときは

おはぎがお嫁に行くときは あんこときな粉でお化粧して♪

関連ページ

カエルのうた
『かえるの合唱』、『おたまじゃくしはカエルの子』など、曲名や歌詞にカエルが登場する世界の有名な「カエルのうた」まとめ