早起き時計

チックタック チックタック ボーンボン♪

「チックタック チックタック ボーンボン」が歌いだしの『早起き時計』は、1937年にキングレコードから発表された日本の童謡。

作詞は『汽車ぽっぽ』の冨原薫(ふはら かおる)、作曲は『かもめの水兵さん』を手掛けた河村光陽

時計の針が動く音を「チックタック チックタック」と擬音で表現する手法は、『汽車ぽっぽ』の「しゅっぽ しゅっぽ しゅっぽっぽ」でも同様だ。こうした擬音で歌に生き生きとしたリズム感・躍動感が生まれる。

【試聴】早起き時計

童謡『グッドバイ』と似てる?

河村光陽は『早起き時計』と同年に童謡『グッドバイ』を作曲しているが、冒頭の「グッドバイ グッドバイ グッドバイバイ♪」の部分は、『早起き時計』の「チックタック チックタック ボーンボン」とメロディがとてもよく似ている。

グッドバイの冒頭は原詩にはなかった部分であり、河村光陽が自ら付け足した創作部分であることから、まず先に『早起き時計』のメロディが完成し、その冒頭のユーモラスな擬音部分を『グッドバイ』に応用したのではないかと推測される。

関連ページ

グッドバイ
グッドバイ グッドバイ グッドバイバイ♪
河村光陽 有名な童謡・代表曲
『グッドバイ』の作曲者・補作詞者である河村光陽の有名な童謡まとめ。『かもめの水兵さん』、『うれしいひなまつり』など。
時計のうた 時計に関する民謡・童謡・音楽
『大きな古時計』、『早起き時計』、『ウェストミンスターの鐘』など、時計に関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ