赤とんぼ

日本の童謡/夕焼小焼の赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か

「夕焼け小焼けの赤とんぼ」の歌い出しで知られる『赤とんぼ』は、作詞:三木露風、作曲:山田耕筰による日本の童謡・唱歌

美しい歌詞は、1921年出版の「眞珠島」に掲載されたもの。三木は小・中学生時代から詞や俳句・短歌を新聞や雑誌に寄稿しており、17歳で処女詩集を、20歳で代表作の「廃園」を出版するなど、詩人としての才能を早くから開花させていた。

三木の詩に山田 耕筰のメロディーがあてられた曲としては、「赤とんぼ」の他にも「秋の夜」、「かっこう」、「十五夜」、「春が来た」などがある。

三木の出身地である兵庫県龍野市(現在は「たつの市」)では、1985年から「三木露風賞・新しい童謡コンクール」が毎年開催されており、童謡の普及・地域振興に向けて積極的な運動が行われている。

山田 耕筰のその他の作品としては、『からたちの花』(作詞:北原白秋)、 『この道』(作詞:北原白秋)、『鐘が鳴ります』(作詞:北原白秋)、 『兎のダンス』(作詞:野口雨情)、『お山の大将』(作詞:西條八十)、『七夕』(作詞:川路柳虹)、『ペチカ』(作詞:北原白秋)、 『待ちぼうけ』(作詞:北原白秋)、 『あわて床屋』(作詞:北原白秋)などが代表的で有名。

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

【試聴】赤とんぼ  由紀さおり 安田祥子 歌詞付き 童謡

歌詞:『赤とんぼ』

夕焼小焼の 赤とんぼ
負われて見たのは いつの日か

山の畑の 桑の実を
小籠(こかご)に摘んだは まぼろしか

十五で姐や(ねえや)は 嫁に行き
お里のたよりも 絶えはてた

夕焼小焼の 赤とんぼ
とまっているよ 竿の先

関連ページ

夕焼け小焼け
夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる
日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングなど