カタリ・カタリ(つれない心)
Catari, Catari (Core 'Ngrato)

イタリア歌曲/カタリの冷たい言葉が 恋の終わりを告げた

『カタリ・カタリ(つれない心)』は、イタリアの作曲家サルバトーレ・カルディッロ(カルディロ)によって1911年に作曲されたナポリ歌曲。

写真:ナポリの南約30kmに位置するカプリ島のカプリ港

イタリアのオペラ歌手エンリコ・カルーソー(Enrico Caruso)のために書き上げられた。以後は、ドミンゴ、カレーラス、パバロッティなどの有名テノール歌手らの重要なレパートリーとして披露される機会も多い。

歌詞の内容は、女性に捨てられた男性の深い悲しみを切々と歌い込む悲哀の歌。情熱的と言われるイタリア男性が恋の歌を歌えば、振られる時もやっぱり情感タップリという感じか。

おすすめアルバム

ドミンゴ、カレーラス、パヴァロッティの3大テノールによる豪華な共演を収めたアルバム「3大テノール 世紀の競演」。『カタリ・カタリ』も収録。

【関連ページ】 イタリア民謡・歌曲特集へ

【試聴】カタリ・カタリ 歌:ホセ・カレーラス Jose Carreras

【試聴】Luciano Pavarotti - Core ´ngrato (Catari, Catari)

関連ページ

有名なイタリア民謡・童謡・歌曲
『オーソレミーオ』、『帰れソレントへ』、『フニクリ・フニクラ』など、日本でも有名なイタリア民謡・童謡・カンツォーネ