Love's Old Sweet Song
懐かしき(やさしき)愛の歌

人生の闇が影を落としても 愛はまた優しき歌を見出すだろう

まったりとした夜の雰囲気漂う名曲『懐かしき(やさしき)愛の歌(Love's Old Sweet Song)』は 、19世紀に活躍したアイルランドの詩人・作家ジェームズ・モロイが1894年に発表した彼の代表作(作詞はG. Clifton Bingham)。

モロイは、聖エドマンド大学(St Edmund's College)とダブリンのカトリック大学を卒業。26歳に弁護士資格を得た後、主にコンサートホール向けにオペラを作曲する音楽家として活動した。

彼の作品はすぐに好評を博し、「The Old Cottage Clock」、「 Bantry Bay」、「The Kerry Dance」などの作品を次々と発表していった。

【試聴】懐かしき(やさしき)愛の歌

歌詞・日本語訳(意訳)

1.Once in the dear dead days beyond recall .
When on the world the mists began to fall
Out of the dreams that rose in happy throng
Low to our hearts love sung an old sweet song .
And in the dusk where fell the firelight gleam
Softly it wove itself into our dream

ひっそりとした日々 薄れゆく思い出
霧が立ち込め 幸福な夢から覚める
心に響く懐かしき愛の歌
夕暮れの中 ランプの薄明かり
優しく揺れる 夢の中へと

Just a song at twilight, when the lights are low
And the flick’ring shadows softly come and go
Though the heart be weary sad the day and long ,
Still to us at twilight comes love’s old song
Comes love’s own sweet song

夜明けの薄明り 優しく揺らめく影
疲れ果て もの寂しい心に
今だ響く懐かしき愛の歌

2.Even today we hear love's song of yore .
Deep m our hearts it dwells for evermore
Footsteps may falter, weary grow the way
Still we can hear it at the close of day
So till the end, when life's dim shadows fall
Love will be found the sweetest song of all

今日も皆の心に深く響く 懐かしき愛の歌
足元がふらつき うんざりする日々の中でも
一日の終わりには また聞こえる
人生の闇が影を落としても
愛はまた優しき歌を見出すだろう

Just a song at twilight, when the lights are low
And theflick’ring shadows softly come and go
Though the heart be weary sad the day and long ,
Still to us at twilight comes love’s old song
Comes love’s own sweet song

夜明けの薄明り 優しく揺らめく影
疲れ果て もの寂しい心に
今だ響く懐かしき愛の歌