ヴェスターヴァルトの歌(行進曲)
Westerwaldlied

おお美しきヴェスターヴァルト 今日我らは歩み行く

『ヴェスターヴァルトの歌 Westerwaldlied』(ヴェスターヴァルト・リート)は、1935年に作曲されたドイツの行進曲。ヨーゼフ・ノイホイザー(Joseph Neuhäuser/1890-1949)作曲。

曲名については、コーラス部の歌詞から『Oh, Du schöner Westerwald』(おお美しきヴェスターヴァルト)とも表記される。

ヴェスターヴァルト山地

歌詞の内容は、フランクフルトから北西へ約50km、ライン川中流の北東部に広がる山地「ヴェスターヴァルト Westerwald」の自然が題材となっている。この地名はドイツ語で「西の森」を意味する。

メロディにはヴェスターヴァルト山地(上写真)に伝わる民謡が用いられているという。歌詞の冒頭で「行進曲・マーチ」といったキーワードが登場するとおり、同曲は行進曲としてのアレンジがなされ、実際にドイツ軍の軍歌として演奏された。

1977年公開の映画「Cross of Iron(クロス・オブ・アイアン/戦争のはらわた)」では、何曲かのドイツ民謡や楽曲の中で『ヴェスターヴァルトの歌』が使われた。映画「Uボート」でも劇中で歌われている。

YouTube動画の視聴

歌詞の一例・日本語訳(意訳)

Heute wollen wir marschier'n
Einen neuen Marsch probier'n
In dem schönen Westerwald
Ja da pfeift der Wind so kalt

今日 我らは歩み行く
新たな行進曲とともに
美しいヴェスターヴァルトでは
冷たい風が吹きすさぶ

Oh, Du schöner Westerwald
Über Deine Höhen pfeift der Wind so kalt
Jedoch der kleinste Sonnenschein
Dringt tief ins Herz hinein

<コーラス>
おお美しきヴェスターヴァルト
山々を越え 冷たい風が吹き抜ける
けれど僅かな陽の光が
心に深く染み渡る

映画「Cross of Iron クロス・オブ・アイアン」

『ヴェスターヴァルトの歌』が使われた「Cross of Iron(クロス・オブ・アイアン/戦争のはらわた)」は、第二次世界大戦における東部戦線をドイツ軍の視点で描いた映画作品。

ドイツ軍最高の名誉とされた鉄十字勲章(Cross of Iron/クロス・オブ・アイアン)を巡るドロドロとした人間模様が描写されている。

Cross of Iron クロス・オブ・アイアン 戦争のはらわた

同年公開の映画「スター・ウォーズ」に話題をさらわれたが、西ドイツでは映画「サウンド・オブ・ミュージック」以来の興行成績を記録した。

ちなみに、オープニングの登山シーンでは、BGMにドイツの童謡『Hänschen Klein(幼いハンス)』が流れる。同曲は日本の童謡・唱歌『ちょうちょう』の原曲として知られる。

関連ページ

ドイツ軍歌・行進曲 有名な歌
『旧友』、『パンツァーリート(戦車の歌)』、『エリカ(エーリカ)』など、有名なドイツの軍歌・行進曲まとめ
有名なドイツ民謡・童謡・歌曲
『ローレライ』、『かっこう』、『野ばら』など、有名なドイツ民謡・歌曲(リート)の歌詞・日本語訳