ビヤ樽ポルカ Beer Barrel Polka

ポルカ(チェコ)/誰かが見つけたゆかいなビヤ樽

『ビヤ樽ポルカ(ビア樽ポルカ) Beer Barrel Polka』は、1920年後半から30年前半にかけてチェコで作曲されたポルカ

当初は歌詞のないインストゥルメンタルだったが、1934年に「Škoda lásky」のタイトルで歌詞がつけられた。

同年のドイツでは「Rosamunde ロザムンデ」として人気を博した。

1939年にはアメリカで「Beer Barrel Polka」として大ヒット。「Roll Out the Barrel」のタイトルでも知られている。

【試聴】‪ビヤ樽ポルカ/東京マイスタージンガー

【試聴】‪Walter Ostanek And His Band - Beer Barrel Polka

【試聴】‪Vejvodova kapela - Škoda lásky‬‏

ドイツのビール祭り・ビヤホール系ソング

乾杯の歌 アイン・プロージット
本場ドイツのビール祭オクトーバーフェストで歌われる乾杯の歌。アイン・プロージット!
リヒテンシュタイン・ポルカ
『ビア樽ポルカ Beer Barrel Polka』で知られるドイツのウィル・グラーエ演奏