やおやのお店 遊び歌

やおやのお店にならんだ しなもの見てごらん♪

『やおやのお店』は、フランス民謡『ひばり(アルエット)』のメロディで歌う日本の子供向けの遊び歌。

八百屋以外にも、パン屋、魚屋、おもちゃ屋など様々なバリエーションで遊ぶことができる。

NHK「おかあさんといっしょ」では、『楽しい動物園』のタイトルで動物バージョンの遊び歌として歌われた。

歌詞は「野菜あるある」ゲーム

歌い出しの歌詞は次のとおり。この後につづけて、トマトやキャベツなど、八百屋さんにおいてありそうな野菜を「あるあるゲーム」のように答えていく。原曲が「アルエット」なのは偶然か。

やおやのお店にならんだ しなもの見てごらん
よく見てごらん 考えてごらん

【試聴】やおやのお店

ちなみに、『やおやのお店』の他にも、フランス民謡『ひばり(アルエット)』のメロディで歌う日本の童謡としては、NHK「たのしいうた」で1963年6月に放送された『タマゴとニワトリ』も比較的知られている。

『タマゴとニワトリ』の歌い出しの歌詞は、「昔々のそのまた昔 メガネの先生が言いました タマゴが先だ タマゴが先だ」。

マザーグース・子供向けの英語の歌

関連ページ

ひばり(アルエット)フランス民謡
体中の羽を次々とむしられていく可哀想なヒバリ
マザーグース・子供向けの英語の歌
『ハンプティ・ダンプティ』、『6ペンスの歌』など、日本でも有名なマザーグース・子供向けの英語の歌特集