ドナドナの謎

トップ > ドナ研 > ドナドナの謎

日本で知られている「ドナドナ」の訳詩

果たして「民謡」と呼べるのかどうか疑問がないわけではありませんが、海外から伝わってきて日本でも根強い人気を誇るこの仔牛の唄「ドナドナについて、少し掘り下げてみたいと思います。

JASRAC(財団法人日本音楽著作権教会)のホームページにある音楽作品データベース検索でドナドナを検索してみると、「DONA DONA」というタイトルと「DONNA DONNA MIA」というタイトルの2件が検索に引っかかりました。内容を確認してみると、どうやら後者の方はお目当ての曲とは違うようなので、前者の「DONA DONA」の方について詳しく見てみました。

作曲者は、SECUNDA SHOLOM SHOLEMという外国の方で、この曲が海外生まれの曲であることが分かります。作詞者の方を見てみると、KEVESS ARTHUR S、SCHWARTZ TEDDI、ZEITLIN AARON、SECUNDA SHELDON SHELLY、そして、安井 かずみさんの5人の名前が列挙されていました。

作詞家の最後に列挙されている「安井かずみ」さんは、皆さんが良くご存知のあの日本語の歌詞を作詞された方です。石川秀美・柏原芳恵・山口百恵さんら有名歌手に詩を提供している70年代を代表する有名作詞家で、JASRACのデータベースを「安井かずみ」さんで検索してみると1,000件以上ヒットするほど数多くの作品を残している方です。

まずはこの「安井かずみ」さんが作詞されたドナドナの歌詞を見てみたいと思います。

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道
荷馬車がゴトゴト子牛を載せてゆく
可愛い子牛 売られてゆくよ
悲しそうな瞳で見ているよ
ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 子牛を載せて
ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 荷馬車が揺れる

私がこの曲に初めてふれたのは小学校の音楽の教科書でした。どことなく物悲しげなメロディーで、サビの「ドナドナドナドーナ」というフレーズが強烈な印象を持って記憶に残っています。一通り歌い終わると、えも言われぬ脱力感と暗い気分になったことを良く覚えています。

内容を見ると、仔牛が馬車に乗せられて市場へ売られていくというもので、歌にして悲しみを誘うほどのものではないように思えますが、実は背景にはもっと根深いものがあるようです。

【次のページ】  「2.ドナドナの意味とは?秘められた重い歴史」へ進む→

Donna Donna - ジョン・バエズ

「フォークソングの女王」 ジョン・バエズ(Joan Chandos Baez/1941-)が歌うドナドナ

【Amazon MP3】

ジョン・バエズ 『Donna Donna ドナドナ』 試聴・ダウンロード

【ドナドナの謎 目次】

  1. はじめに
  2. 「ドナドナ」の意味とは?秘められた重い歴史
  3. 本当の作詞者は?

【関連ページ】

トップ > ドナ研 > ドナドナの謎
トップ > ドナ研 > ドナドナの謎
copyright © 1998 世界の民謡・童謡 All rights reserved.