ごんべさんの赤ちゃん リパブリック讃歌

ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた そこであわててシップした♪

『ごんべさんの赤ちゃん』は、アメリカ民謡『リパブリック讃歌』を原曲とする日本の童謡・子供向けの歌。

タイトルは「ごんべえさんの赤ちゃん」、「権兵衛さんの赤ちゃん」などの表記も見られる。

その他の有名な替え歌は?

ちなみに、アメリカ民謡『リパブリック讃歌』のメロディにつけられた日本の有名な替え歌としては、次のような曲が広く知られている。

『ともだち讃歌』(作詞:阪田寛夫)

ひとりとひとりが腕組めば たちまち誰でも仲良しさ

ヨドバシカメラの歌・CMソング

新宿西口 駅の前 カメラはヨドバシカメラ♪

『おたまじゃくしはカエルの子』

おたまじゃくしはカエルの子 ナマズの孫ではないわいな♪

おはぎがお嫁に行くときは

おはぎがお嫁に行くときは あんこときな粉でお化粧して♪

【試聴】ごんべさんの赤ちゃん

曲のルーツは? 「ごんべさん」=「ジョン・ブラウン」?

原曲は『リパブリック讃歌』と紹介したが、正確には流行歌『ジョン・ブラウンの身体(亡骸)』が直系のルーツである可能性が高い。

ジョン・ブラウン(John Brown)とは、19世紀アメリカにおける南北戦争開戦前夜において活躍した、アメリカ歴史上の重要人物。

1859年春、ジョン・ブラウンはハーパース・フェリーを襲撃し、南軍将校ロバート・E・リー大佐に逮捕され、後に処刑されてしまう。その後、次のような流行歌がアメリカで広まったという。

John Brown's Body ジョン・ブラウンの亡骸

John Brown’s body lies a-mouldering in the ground;
John Brown’s body lies a-mouldering in the ground;
John Brown’s body lies a-mouldering in the ground;
His soul is marching on.

訳:ジョン・ブラウンの亡骸は墓の中。彼の魂は歩み続ける。

この流行歌から後に、アメリカ国内で次のような替え歌が生まれた。

John Brown's Baby ジョン・ブラウンの赤ちゃん

John Brown's baby has a cold upon its chest
John Brown's baby has a cold upon its chest
John Brown's baby has a cold upon its chest
And they rubbed it with camphorated oil.

訳:ジョン・ブラウンの赤ちゃんが風邪ひいた。しょうのう油(しっぷ薬)を塗った。

ヴィックスヴェポラッブ50g 瓶入り

歌詞の最後の部分「camphorated oil」とは、日本語でいう「樟脳(しょうのう)油」。

一般的には「トクホンエース(しっぷ)」や「メンソレータム」などの貼り薬や塗り薬、またはカゼを引いたときに胸部に塗ると呼吸が楽になる「ヴェポラップ」にも含まれている。

「しょうのう油」→「しっぷ」へ

この『ジョン・ブラウンの赤ちゃん』が日本でも広まった際、日本とは関係のない「ジョン・ブラウン」の部分が「名無しの権兵衛」に置き換えられた。

一方、原曲の「しょうのう油」の部分は「しっぷ」と訳され、一応原曲とのつながりを残しているようだ。

ごんべさんの赤ちゃん 歌詞の一例

ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた
ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた
ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた
そこであわててシップした

【関連ページ】

アメリカ民謡 『リパブリック讃歌』 歌詞・日本語訳・視聴など

阪田寛夫『ともだち讃歌』(リパブリック讃歌のメロディ)

ドナドナ研究室 『リパブリック讃歌 歴史編』

アメリカ民謡・歌曲特集へ

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室