鍛冶屋の合唱 ヴェルディ
アンヴィル・コーラス(Anvil Chorus)

ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813-1901)

『鍛冶屋の合唱』は、19世紀イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディによるオペラ『イル・トロヴァトーレ Il Trovatore』で歌われるコーラス曲。

曲名は、合唱の歌詞の1行目から『Vedi! Le fosche notturne spoglie』と題されるほか、劇中でジプシーたちが歌うことから『Coro di Zingari ジプシーの合唱』とも表記される。

ジブシーの男たちが鍛冶仕事で金床(英:Anvil アンヴィル)をリズムよくハンマーで叩きながら歌う『鍛冶屋の合唱』は、英語圏では別名「アンヴィル・コーラス(Anvil Chorus)」としても定着している。

オペラ『イル・トロヴァトーレ』あらすじ・ストーリー

ヴェルディの歌劇『イル・トロヴァトーレ Il Trovatore』は、1853年にローマで初演された全4幕のオペラ。スペインの劇作家グティエレスの戯曲『エル・トロバドール El Trovador(吟遊詩人)』を原作としている。

舞台は15世紀始めのスペイン、ビスカヤおよびアラゴン地方。王位継承を巡る実際のスペインでの内戦をふまえたストーリーとなっている。

『鍛冶屋の合唱』が歌われるのは第2幕(第2部)。スペイン北部ビスカヤ地方の山のふもとで、夜明け近くの薄明かりの中で、ジプシーの男たちが鍛冶仕事に取り掛かり始める。

All'opra, all'opra! Dagli. Martella.

さあ仕事だ仕事だ 金槌を振り上げろ!

【試聴】『鍛冶屋の合唱』 ヴェルディ 『イル・トロヴァトーレ』より

歌詞・日本語訳(意訳)

Vedi! Le fosche notturne spoglie
De' cieli sveste l'immensa volta;
Sembra una vedova che alfin si toglie
i bruni panni ond'era involta.

見よ! 空が夜の闇を脱ぎ去り
朝日が輝くさまを
まるで未亡人が
黒いローブを脱ぎ捨てるように

All'opra! all'opra!
Dàgli, martella.

さあ仕事だ仕事だ
金槌を振り上げろ

Chi del gitano i giorni abbella?
La zingarella!

憂鬱なジプシー男の楽しみは
愛しのジプシー娘だけさ!

Versami un tratto; lena e coraggio
Il corpo e l'anima traggon dal bere.

酒をつげ 心と体に
気力と体力を満たすんだ

Oh guarda, guarda! del sole un raggio
Brilla più vivido nel mio [tuo] bicchiere!
All'opra, all'opra!
Dàgli, martella.

見よ 太陽の光が
杯の中で輝いている
さあ仕事だ仕事だ
金槌を振り上げろ

Chi del gitano i giorni abbella?
La zingarella!

憂鬱なジプシー男の楽しみは
愛しのジプシー娘だけさ!

関連ページ

ヴェルディ 有名な曲・代表曲
『アイーダ行進曲』、『怒りの日』、『乾杯の歌』など、ヴェルディの有名な曲の解説・YouTube動画の視聴
村の鍛冶屋 日本の童謡・唱歌
刀はうたねど大鎌小鎌 平和の打ち物休まずうちて
ヘンデル『調子のよい鍛冶屋』
ヘンデル『ハープシコード組曲 第5番 ホ長調』 終曲
有名なクラシック音楽 一覧
ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなど、日本でも有名なクラシック音楽の名曲・代表曲特集