幻想小曲集 シューマン 作品73

ロベルト・シューマン(Robert Schumann/1810-1856)

『幻想小曲集』作品73 は、ロベルト・シューマンがクラリネットとピアノのために作曲した小曲集。チェロやヴァイオリンでの演奏機会も多い。

3つの小品から成り、それぞれ異なる性格を持つ。静かな情熱を秘めた第1曲、軽やかな第2曲、そして燃えるように情熱的な第3曲を演奏し分けることは難しい。

なお、曲名が「幻想小曲集」のシューマン作品としては、他にも作品12(8曲からなるピアノ曲集)、作品88(ピアノ三重奏)、作品111(ピアノ独奏)がある。

写真は、ロベルト・シューマンが生まれたドイツの都市ツヴィッカウ(Zwickau)を流れるムルデ川。

【試聴】シューマン 幻想小曲集 作品73

関連ページ

ロベルト・シューマンの有名な曲 解説と試聴
『トロイメライ』、『幻想小曲集』など、19世紀ドイツの作曲家ロベルト・シューマンの有名な曲まとめ