菩提樹 シューベルト 歌詞の意味

泉に添いて 茂る菩提樹 したいゆきては うまし夢見つ

『菩提樹(ぼだいじゅ)』(Der Lindenbaum/デア・リンデンバウム)は、オーストリアの作曲家シューベルトによる歌曲集「冬の旅」の第5曲。

日本語歌詞は、明治時代の訳詞家・近藤朔風(こんどう さくふう)による「泉に添いて 茂る菩提樹」が有名。

シューベルト歌曲集「冬の旅」は、1823年に作曲された『美しき水車小屋の娘』と同じく、ドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩集によるもの。二部に分かれた24の歌曲から構成されている。

この歌曲では、失恋した若者が町を捨てて放浪の旅を続けていく姿が描かれており、 全曲を通して疎外感や絶望と悲しみが強く表現されている。

ちなみに、シューベルト『菩提樹』で歌われているのは写真のセイヨウボダイジュ(セイヨウシナノキ)。ナツボダイジュとフユボダイジュとの交雑種といわれ、ヨーロッパの多くの都市で街路樹として用いられている。

【試聴】シューベルト 菩提樹

訳詞:近藤朔風

泉に添いて 茂る菩提樹
したいゆきては うまし夢見つ
みきには彫(え)りぬ ゆかし言葉
うれし悲しに といしそのかげ

今日もよぎりぬ 暗きさよなか
まやみに立ちて まなこ閉ずれば
枝はそよぎて 語るごとし
来よいとし友 此処に幸(さち)あり

おもをかすめて 吹く風寒く
笠は飛べども 捨てて急ぎぬ
はるかさかりて たたずまえば
なおもきこゆる 此処に幸あり
此処に幸あり

歌詞の意味・和訳(意訳)

Am Brunnen vor dem Tore
Da steht ein Lindenbaum
Ich träumt' in seinem Schatten
So manchen süßen Traum

門の前の泉のそばに
そびえる一本の菩提樹
僕は木陰で夢を見た
たくさんの甘い夢を

Ich schnitt in seine Rinde
So manches liebe Wort
Es zog in Freud' und Leide
Zu ihm mich immer fort

僕は樹の皮に刻み込む
たくさんの愛の言葉を
楽しい時も悲しい時も
僕はその樹に惹かれていた

Ich mußt' auch heute wandern
Vorbei in tiefer Nacht
Da hab' ich noch im Dunkeln
Die Augen zugemacht

僕は今日もまた歩く
真夜中に樹の側を通って
その時 真っ暗だったが
僕は目を閉じた

Und seine Zweige rauschten
Als riefen sie mir zu
Komm her zu mir, Geselle
Hier findst du deine Ruh'

すると枝がざわめいた
まるで僕に呼びかけるように
「ここへおいで 旅人よ
貴方の安らぎはここにあります」

Die kalten Winde bliesen
Mir grad' ins Angesicht
Der Hut flog mir vom Kopfe
Ich wendete mich nicht

冷たい風が吹きつけた
まっすぐ僕の顔に
帽子が飛んで行ったけど
僕は振り返らなかった

Nun bin ich manche Stunde
Entfernt von jenem Ort,
Und immer hör' ich's rauschen
Du fändest Ruhe dort!

あれから多くの時間が過ぎて
遠く離れた場所にいるけど
僕にはずっとあのざわめきが聞こえる
「貴方ここで安らぎを得られたのに!」

関連ページ

シューベルトの有名な曲・代表曲
『魔王』、『アヴェマリア』、『野ばら』など、シューベルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
ドイツ歌曲(リート)有名な曲 歌詞の意味
『野ばら』、『ローレライ』、『歌の翼に』など、19世紀ロマン派ドイツ歌曲を中心とした定番の作品解説
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴