歌の翼に
Auf Flügeln des Gesanges
メンデルスゾーン(Felix Mendelssohn/1809-1847)

恋する君を歌の翼に乗せて ガンジスの野辺へと君を運ぼう

歌の翼に/世界の名歌集
歌の翼に/世界の名歌集

『歌の翼に』は、ドイツロマン派の作曲家メンデルスゾーンによる1836年作曲の歌曲集「六つの歌」作品34の第2曲。

歌詞は、ドイツの詩人ハインリッヒ・ハイネによる詩から採られたもの。ハイネの同じ詩に対しては、イタリアの作曲家トスティも曲をつけているが、こちらの方はあまり知られていない。

メンデルスゾーンは、裕福なユダヤ人家庭の生まれ。モーツァルトシューベルトと同じく比較的短い生涯だったが、この『歌の翼に』をはじめとして数々の美しい旋律を残している。

【試聴】 メンデルスゾーン 歌の翼に

歌詞(ドイツ語)・日本語訳(意訳)

Auf Flügeln des Gesanges,
Herzliebchen, trag ich dich fort,
Fort nach den Fluren des Ganges,
Dort weiß ich den schönsten Ort.

歌の翼に愛しき君を乗せて
ガンジスの野辺へと君を運ぼう
そこは白く輝く美しい場所

Dort liegt ein rotblühender Garten
Im stillen Mondenschein;
Die Lotosblumen erwarten
Ihr trautes Schwesterlein.

そこは赤い花が咲き誇る庭
静寂の中 月は輝き
スイレンの花 愛する乙女を待つ

Die Veilchen kichern und kosen,
Und schaun nach den Sternen empor;
Heimlich erzählen die Rosen
Sich duftende Märchen ins Ohr.

スミレは微笑み 星空を見上げ
バラが耳元でささやく 芳しきおとぎ話

Es hüpfen herbei und lauschen
Die frommen, klugen Gazelln;
Und in der Ferne rauschen
Des heiligen Stromes Welln.

賢くおとなしい小鹿
走り寄り 耳をそばだてる
遠くに聞こえる 聖なる川の流れ

Dort wollen wir niedersinken
Unter dem Palmenbaum,
Und Liebe und Ruhe trinken,
Und träumen seligen Traum.

僕等は椰子の木の元に降り立ち
愛と平穏を満喫し
幸福に満ちた夢を見よう

ヤマハの楽譜ダウンロードサイト「ぷりんと楽譜」で楽譜を探す
アマゾンMP3 試聴・ダウンロード