トランペット吹きの子守歌
A Trumpeter's Lullaby

ルロイ・アンダーソン(Leroy Anderson/1908-1975)

『トランペット吹きの子守歌(A Trumpeter's Lullaby)』は、アメリカの作曲家ルロイ・アンダーソンによる1949年の作品。『トランペット吹きの休日』とタイトルが似ているが別の曲。

アーサー・フィードラーの指揮により、アメリカの名門ボストン・ポップス・オーケストラ(Boston Pops Orchestra)によって1950年に初演された。

同曲は、ソロ・トランペットとオーケストラのために作曲され、初演ではボストン・ポップスの首席トランペット奏者ロジャー・ヴォワザン(Roger Louis Voisin/1918 – 2008)がソロを務めた。

トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
アメリカ軽音楽の巨匠ルロイ・アンダーソン名曲集。〈ボストン・ポップスオーケストラ115周年記念日本独自企画〉の中の1点。

【試聴】A Trumpeter's Lullaby トランペット吹きの子守歌

関連ページ

トランペットの有名な曲・名曲
トランペットが印象的に用いられる有名なクラシック音楽の名曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴