天は御神の栄光を語り

ハイドン(Franz Joseph Haydn/ 1732-1809)

『天は御神の栄光を語り』は、ハイドン作曲のオラトリオ「天地創造」第13曲。

『もろもろの天は神の栄光をあらわし』とも表記される。日本では合唱曲として小中学校で歌われることがある。

「天地創造」は、ハイドンがロンドン滞在を終えてウィーンに帰ってきた後、1796年から1798年にかけて作曲された。

現在でもウィーンでは新年の初めの演奏会に恒例として演奏されている。

写真:オーストリア国会議事堂

ハレルヤ! 宗教音楽合唱曲集
RCAレッド・シール・ヴィンテージ・コレクションが1枚1700円の廉価で登場。アメリカで「合唱の神様」として尊敬されていたロバート・ショウによる名曲の名演。日本初CD化。

【試聴】『天は御神の栄光を語り』 ハイドン オラトリオ「天地創造」より

関連ページ

ハイドンの有名な曲・代表曲
『ハイドンのセレナーデ』、オラトリオ『天地創造』、ドイツ国歌原曲など、18世紀オーストリアの作曲家ハイドンの有名な曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴