月の光 Clair de lune

ガブリエル・フォーレ(Gabriel Urbain Fauré/1845-1924)

『月の光』は、フォーレの歌曲集『2つの歌』Op.46の第2曲(1887年)。

ヴェルレーヌの詩による作品で、これ以後の7年間フォーレはヴェルレーヌの詩に集中的に作曲するようになる。

『月の光』にはじまり、『憂鬱』op.51-3、歌曲集『5つのヴェネツィアの歌』Op.58、歌曲集『優しき歌』op.61、『牢獄』Op.83-1など、ヴェルレーヌの詩に曲をつけたフォーレ作品が数多く残されている。

ちなみに、モーリス・ラヴェルクロード・ドビュッシーもヴェルレーヌの詩に作曲した作品を残しており、中でもドビュッシー『月の光』(1882年)は特に有名。

【試聴】月の光 Clair de lune op.46-2

フランスの詩人ヴェルレーヌとは?

フォーレ夢のあとに・レクイエムほか

ヴェルレーヌ(Paul Marie Verlaine/1844-1896)とは、マラルメ、ランボーらと共に象徴派を代表するフランスの詩人。

「叡智(Sagesse)」、「言葉なき恋歌(Romances sans paroles)」、「艶なる宴(Fêtes galantes)」などの代表作で知られている。

訳詩としては、明治の文学者 上田敏による訳詩集『海潮音』が有名で、特にヴェルレーヌ「秋の歌(落葉)」の訳詩は、「秋の日のヴィオロンのためいきの身にしみてうら悲し」の出だしで広く親しまれている。

関連ページ

フォーレの有名な曲・代表曲
『レクイエム』、『シシリエンヌ』、『夢のあとに』など、フランスの作曲家ガブリエル・フォーレによる有名な曲・代表曲
有名なクラシック音楽の名曲
バッハ、ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなど、有名なクラシック音楽の名曲解説とYouTube動画の視聴