夢(夢想曲)

クロード・ドビュッシー(Claude Achille Debussy/1862-1918)

『夢(Rêverie)』は、フランスの作曲家ドビュッシーによる1890年頃のピアノ曲。『夢想』または『夢想曲』とも題される。

寝ている子猫

パガニーニの主題の反行形を、最初はピアノが独奏で演奏し、オーケストラが受け継いで演奏する。この部分だけ演奏されることも多く、テレビCMなどでも使用された。

【試聴】夢(Rêverie)

ドイツやバリを訪問していたドビュッシー

『夢(Rêverie)』を作曲していた頃のドビュッシーは、ドイツ・バイエルン州でのバイロイト音楽祭を1888年、1889年と2年連続で訪れている。

また、パリで開かれた万国博覧会でジャワ音楽(ガムラン)を耳にするなど、その後の彼の音楽に大きな影響を与える体験をしている。

特に、2度のバイロイト訪問は、自身が強く影響を受けていたワーグナー音楽の限界を悟る大きな契機となった。

当時の作品としては、『ベルガマスク組曲』、『2つのアラベスク』などの初期のピアノ小品や歌曲が有名。 

関連ページ

ドビュッシーの有名な曲・代表曲
『月の光』、『亜麻色の髪の乙女』、『二つのアラベスク』など、フランスの作曲家ドビュッシーを代表する有名な曲の解説と視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴