ブラームスの子守歌

ヨハネス・ブラームス(Johanes Brahms/1833-1897)

『ブラームスの子守歌』は、19世紀ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスによる作品49「5つの歌曲(Funf Lieder)」の第4番目の歌曲。

この曲は、ブラームスが指導していた合唱団員ベルタ・ファーバ(Bertha Faber)の第2児出産祝いに贈られたとされる。

ブラームスの主要作品としては、4つの交響曲、2つのピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、合唱と管弦楽のための『ドイツ・レクイエム』などがある。

これらの作品は世界各地のオーケストラで現在でも主要な演奏レパートリーとして取り上げられている。

ブラームスはまた変奏曲の大家でもあり、管弦楽曲『ハイドンの主題による変奏曲』、ピアノ独奏曲『ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ』、『パガニーニの主題による変奏曲』などが有名。

赤ちゃんスヤスヤ!世界の子守歌

【試聴】ブラームスの子守歌

原詩(ドイツ語)・日本語訳(意訳)

Guten Abend, gut' Nacht
Mit Rosen bedacht
Mit Naglein besteckt
Schlupf unter die Deck'
Morgen fruh, wenn Gott will Wirst du wieder geweckt
Morgen fruh, wenn Gott will Wirst du wieder geweckt

おやすみなさい お眠りなさい
バラと撫子に囲まれ
布団の中へお入り
朝が来て 神の意志により
貴方はまた目覚める 

Guten Abend, gute Nacht,
von Eng'lein bewacht,
die zeigen im Traum
dir Christkindleins Baum;
schkaf'nun selig und suess, schau' im Traum's Paradies,
schkaf'nun selig und suess, schau' im Traum's Paradies.

おやすみなさい お眠りなさい
天使達に見守られ
キリストの子の木を夢見ん
安らかに眠れ 夢の楽園の中で

関連ページ

ブラームスの有名な曲・代表曲
『交響曲第1番』、『大学祝典序曲』、『愛のワルツ』など、19世紀ドイツの作曲家ブラームスを代表する曲・有名な曲の解説と視聴