闘牛士の歌(諸君の乾杯を喜んで受けよう)

ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet/1838-1875)

『闘牛士の歌(諸君の乾杯を喜んで受けよう)』は、ビゼーの歌劇『カルメン』の劇中歌。闘牛士エスカミーリョ(バリトン)が高らかに歌い上げる有名なアリア。

ビゼーの歌劇カルメンとは?

歌劇『カルメン(Carmen)』は、フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーによる全4幕のオペラ。プロスペル・メリメの小説『カルメン』をベースとして、音楽(歌)の間を台詞でつないでいくオペラ・コミック様式で書かれている。

1875年パリのオペラ・コミック座で初演され不評であったが、ビゼーの死後エルネスト・ギローにより台詞を改作して上演され、人気を博すようになった。

ビゼー:歌劇《カルメン》全曲 [DVD]1978年12月9日、カルロス・クライバー指揮のビゼーの「カルメン」―ウィーン国立歌劇場でのプレミエ上演のリマスタリング映像記録。

【試聴】諸君の乾杯を喜んで受けよう(闘牛士の歌)

【試聴】Toreador Song - Votre toast je peux vous le rendre

ビゼー 『歌劇カルメン』 あらすじ

ジョルジュ・ビゼー特集トップへ