メヌエット Menuet
ビゼー「アルルの女」 第2組曲より

ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet/1838-1875)

『メヌエット Menuet』は、ビゼー作曲『アルルの女』第2組曲の1曲。

ビゼーの死後、友人エルネスト・ギローの手により完成された。ビゼーの歌劇『美しきパースの娘』の曲が転用されている。

元々は、アルフォンス・ドーデの戯曲『アルルの女』の劇附随音楽としてビゼーが1872年に作曲した管弦楽曲。全27曲の中から演奏会向けに数曲が選ばれ、組曲とされた。

写真:アルル円形闘技場(世界遺産「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一つ)

戯曲『アルルの女』あらすじ

南フランスの豪農の息子フレデリは、アルルの闘牛場で見かけた美女に心を奪われてしまった。フレデリにはヴィヴェットという許嫁がいたが、彼女の献身的な愛もフレデリを正気に戻すことはできなかった。

日に日に衰えていく息子を見て、フレデリの母はアルルの女との結婚を許そうとする。それを伝え聞いたヴィヴェットがフレデリの幸せのためならと、身を退くことをフレデリの母に伝える。

ヴィヴェットの真心を知ったフレデリは、アルルの女を忘れてヴィヴェットと結婚することを決意する。2人の結婚式の夜、牧童頭のミチフィオが現れて、今夜アルルの女と駆け落ちすることを伝える。

物陰からそれを聞いたフレデリは嫉妬に狂い、祝いの踊りファランドールがにぎやかに踊られる中、機織り小屋の階上から身を投げてしまう。

【試聴】メヌエットMenuet

ビゼー 組曲『アルルの女』

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴

ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」で有名なフランス南部のアルル市

『アルルの女』の舞台となった南フランスのアルル市といえば、ゴッホの絵画「夜のカフェテラス」で描かれたカフェ「カフェ・バン・ゴッホ」が有名だ。プラス・デュ・フォルム広場に面しており、現存している。

絵画「夜のカフェテラス(英語名:The Café Terrace on the Place du Forum, Arles, at Night)」は、1888年9月にフィンセント・ファン・ゴッホによってかかれた絵画(油彩)。

南フランス・アルルの星空の下、人でにぎわうカフェテラスが描かれている。この絵でゴッホは初めて黒をあまり使わずに夜空を描いた。

ゴッホの絵画 「夜のカフェテラス」

ゴッホ 有名な作品・代表作の解説