G線上のアリア

J. S. バッハ/Air from Overture No.3, BWV.1068

G線上のアリア アクオスCMソングス

『G線上のアリア』は、鍵盤楽器の名手であったドイツの作曲家J. S. バッハによる『管弦楽組曲第3番ニ長調(Overture No.3 BWV.1068)』の2曲目。

後にヴァイオリニストであったウィルヘルミ(August Wilhelmj /1845-1908)がヴァイオリン独奏用に編曲したもの。

ヴァイオリンの4本の弦の中で一番低い弦(G線)1本で弾けるようにアレンジされたことから、「G線上」の名が付けられた。

日本では、シャープの液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」のテレビCMで長い間使われていた。

【試聴】G線上のアリア