SUO GAN "Welsh Lullaby"
ウェールズ地方の子守唄

ウェールズ民謡/スピルバーグ監督の映画「太陽の帝国」挿入歌

『SUO GAN "Welsh Lullaby"』は、イギリスのウェールズに伝わる子守歌・ウェールズ民謡。クリスマスソングとしても歌われることがある。

写真:ウェールズ ブレコン・ビーコンズ国立公園(Brecon Beacons)

映画挿入歌としても有名に

スティーブン・スピルバーグ監督の映画『太陽の帝国(Empire of the Sun)』(1987年)挿入歌として印象的に用いられている。

なお、同作品で実際に歌っているジェームス・レインバード(James Rainbird)による美しいボーイソプラノは必聴。

『SUO GAN "Welsh Lullaby"』は、ウェールズ地方出身のシャルロット・チャーチ(Charlotte Maria Church/1986-)のデビューCDアルバム「天使の歌声 - Voice of an Angel (1998)」にも収録されている。

【関連ページ】 世界の子守歌特集へ

【関連ページ】 イングランド民謡トップへ

【関連ページ】 キッズソング・マザーグース特集へ

【試聴】SUO GAN "Welsh Lullaby"

歌詞(ウェールズ語)・日本語訳(意訳)

Huna blentyn yn fy mynwes,
Clyd a chynnes ydyw hon;
Breichiau mam sy'n dyn am danat,
Cariad mam sy dan fy mron;

眠れ我が子 胸に抱かれ
暖かく居心地が良い それは真実
母の腕の中 母の愛
誰にも貴方を傷付けたりさせない

Ni cha dim amharu'th gyntun,
Ni wna undyn a thi gam;
Huna'n dawel, anwyl blentyn,
Huna'n fwyn ar fron dy fam.

お休みなさい 誰からも妨げられることなく
私の可愛い赤ちゃん 安らかに眠れ
母の優しい胸に抱かれて

関連ページ

世界の子守歌 クラシック音楽と童謡
『シューベルトの子守歌』、『モーツァルトの子守歌』、『ブラームスの子守歌』など、日本でも有名な世界の子守歌まとめ