スタンド・バイ・ミー(聖歌)
Stand By Me

ヨルダン川に近づいたときも 汝よ 谷間の百合よ そばにいてほしい

黒人霊歌『スタンド・バイ・ミー Stand By Me』は、アメリカの牧師チャールズ・ティンドリー(ティンドレイ)が20世紀の初め頃に作曲したスピリチュアルソング・聖歌。

20世紀に入ってからの曲であり、作曲者もはっきりしていることから、『深い河』などの19世紀の伝統的な黒人霊歌というよりは、むしろ「黒人聖歌」などの呼称がしっくりくるかもしれない。

同曲は、ベン・E・キング(Ben E. King)による世界的大ヒット曲『Stand By Me』の原曲・元ネタとして言及されることが多い。メロディこそ違うが、ズバリ一致するタイトルと、歌詞のストーリーの大まかな枠組みや方向性は共通する部分も見受けられる。

歌い出しは同じ歌詞

歌い出しの歌詞では、ご覧のとおり、「When the ~」で始まる出だしはまったく同じ。チャールズ牧師版では冒頭から「Stand by me」の歌詞が登場し、以降も連呼されるが、ベン・E・キング版ではサビでリフレインされる。

【ベン・E・キング版の歌い出し】

When the night has come
夜のとばりが下りたとき

【チャールズ牧師版の歌い出し】

When the storms of life are raging, Stand by me.
嵐が吹き荒れるときも そばにいてほしい

チャールズ牧師とは?

チャールズ・ティンドリー(Charles Albert Tindley/1851-1933)は、ワシントンD.C.に隣接する大西洋岸のメリーランド州出身の牧師。アメリカ民謡の父フォスターによる作曲活動の全盛期に生まれた。

彼が10歳の時、アメリカでは黒人奴隷の扱いを巡って国内が北部州と南部州(11州)に分離し、過去最大規模の国内戦争「アメリカ南北戦争 The Civil War」が勃発した。

1865年に南北戦争が終結すると、アフリカ系アメリカ人のチャールズにも教育の機会が与えられた。フィラデルフィアへ移住後、メソジスト(Methodist)教会で用務員として働きながら牧師の資格を得た。

1902年にフィラデルフィアのベインブリッジ教会へ牧師として招かれると、それ以降聖歌の作曲活動を始めていった。聖歌『スタンド・バイ・ミー Stand By Me』もこの頃に作曲されたと考えられている。

【関連ページ】 黒人霊歌・スピリチュアル特集へ

【試聴】聖歌 スタンド・バイ・ミー

【試聴】Inez andrews - Stand By Me

歌詞・日本語訳

When the storms of life are raging, Stand by me.
When the world is tossing me, Like a ship upon the sea,
Thou who rulest wind and water, Stand by me.

嵐が吹き荒れる中 そばにいてほしい
荒波に翻弄される船のように
世界が私をかき乱すときは
風と水を支配する主よ
そばにいてほしい

In the midst of tribulation, Stand by me.
When the hosts of hell assail, And my strength begins to fail,
Thou who never lost a battle, Stand by me.

試練の真っただ中でも そばにいてほしい
地獄の住人に襲われ 力尽きそうになるときも
敗北を知らぬあなたに
そばにいてほしい

In the midst of faults and failures, Stand by me.
When I do the best I can, And my friends misunderstand,
Thou who knowest all about me, Stand by me.

過ちと失敗の中でも そばにいてほしい
誠意が友人に伝わらなかったときも
私を最もよく知るあなたよ
そばにいてほしい

In the midst of persecution, Stand by me.
When my foes in battle array,Undertake to stop my way,
Thou who saved Paul and Silas, Stand by me.

迫害の最中にも そばにいてほしい
敵に行く手を阻まれたときも
パウロとシラス(サイラス)を救ったあなたよ
そばにいてほしい

注:新約聖書「使徒行伝 Acts of the Apostles」によれば、聖人パウロとシラス(サイラス)は宣教旅行中に牢獄へ監禁されたが、神は大地震を起こして救ったとされている。

When I'm growing old and feeble, Stand by me.
When my life becomes a burden, And I'm nearing chilly Jordan,
O thou "Lily ofthe Valley" Stand by me.

老いて衰えたときも そばにいてほしい
人生の重荷に耐えかね
冷たいヨルダン川に近づいたときも
汝よ 谷間の百合よ
そばにいてほしい