ロック・マイ・ソウル Rock My Soul

黒人霊歌・ゴスペル

『ロック・マイ・ソウル Rock My Soul / Rock-a My Soul』は、作詞・作曲者不明の黒人霊歌・ゴスペルミュージック。

歌詞の意味は、黄泉(ハデス)に送られた魂が神の懐(ふところ)で慰めを受けるという、新約聖書「ルカの福音書」における「金持ちとラザロ」の説話を踏まえていると推測される。

コルコバードのキリスト像(リオデジャネイロ/by Caio Bruno)

NHK「みんなのうた」やレクソングにも

日本では、小学校・小学生向けのレクリエーション・ソングとして定着しており、「ロック・マイ・ソウル みんなで歌おう ロック・マイ・ソウル♪」と明るく元気な歌声で楽しく歌われている。

NHK「みんなのうた」では、原曲とは別の日本語歌詞がつけられた『空をみあげて(おお!みんなで)』として1965年2月に初回放送された。

歌い出しは「晴れた 空見上げて 若い 胸ひろげて」(作詞:峯 陽)。歌は、『上を向いて歩こう』、『明日があるさ』などで知られる昭和の人気歌手・坂本九(さかもと きゅう)。

ピーター・ポール&マリーもカバー

海外では、ナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri)やルイ・アームストロング(Louis Armstrong)など、様々なアーティストや合唱団がカバーしている。

特にアメリカのフォークグループ、ピーター・ポール&マリー(Peter, Paul & Mary)による1964年のカバー盤は、翌年のNHK「みんなのうた」や、日本語版『ロック・マイ・ソウル』の歌い方にも大きな影響を与えていると思われる。

歌詞の一例・意味

Rock my soul in the bosom of Abraham,
Rock my soul in the bosom of Abraham,
Rock my soul in the bosom of Abraham,
Oh, rock my soul.

魂の慰めを 主のふところで

Too high, can't get over it
Too deep, can't get under it
Too wide, can't get round it
Gotta go through the door.

主の崇高さを超えるものはなく
主の懐の深さにかなうものもなく
主の心の広さに人智は及ばない
いざ天の扉をくぐりゆかん

【試聴】Peter, Paul & Mary - Oh, Rock My Soul (1964)

【試聴】Rock-a My Soul in the Bosom of Abraham - Mormon Tabernacle Choir

関連ページ

黒人霊歌・スピリチュアル
『アメイジング・グレイス』、『深い河』、『こげよマイケル』など、日本でも有名な黒人霊歌・スピリチュアルミュージック特集