Will Ye Go, Lassie, Go?
(Wild Mountain Thyme)

スコットランド民謡?/スコットランドの自然を舞台としたラブソング

『Will Ye Go, Lassie, Go?』(ウィル・イー・ゴー、ラシー、ゴー?/娘さん、一緒に行きませんか?)は、1957年にリリースされたスコットランド系フォークソング。メロディは民謡ベースとされるが定かではない。

歌詞の一部から、タイトルは『Wild Mountain Thyme』(ワイルド・マウンテン・タイム)、『Purple Heather』(パープル・ヘザー)などとも表記される。

ここで、『Will Ye Go, Lassie, Go?』の歌詞に関連する二種類の植物・花について簡単に触れておきたい。

ワイルド・タイム Wild Thyme

上の釣鐘のような濃い紫の花がヘザー、下の薄いピンクの花がワイルド・タイム。

ワイルド・タイム(Wild Thyme)はシソ科イブキジャコウソウ属の常緑小低木で、学名は Thymuspolytrichus。ヨーロッパ中部が原産で、石灰岩質の荒れ地に生息する。

ヘザー Heather

ヘザー(Heather)は、ヨーロッパやアフリカを原産とするツツジ科の植物。スコッチ・ウィスキーの産地であるスコットランドの原野・湿地に多く生息し、一面に紫(パープル)の彩りを与えている。

研究:メロディはスコットランド民謡なのか?

『Will Ye Go, Lassie, Go?』の作曲者は、アイルランドに住んでいたスコットランド系の音楽家フランシス・マクピーク(Francis McPeake)。

歌詞は、スコットランドの詩人ロバート・タナヒル(Robert Tannahill/1774–1810)によるスコットランド語の詩を参考にしたとされている。同世代のスコットランドにはあのロバート・バーンズ(Robert Burns/1759–1796)がいるが、二人は知り合いだったろうか。

メロディについては、wikipedia英語版によれば、ロバート・タナヒルがスコットランドを旅していた際に耳にした曲が元になっているとのことであるが、そのメロディが古いスコットランド民謡なのか近年に作曲された楽曲なのかについては不明のようだ。

1957年の初リリース後、クランシー・ブラザーズ(The Clancy Brothers)、ジョーン・バエズ(Joan Baez)、ボブ・ディラン(Bob Dylan)など様々なアーティストによってアレンジ、カバーされていくうちに、『Will Ye Go, Lassie, Go?』は作曲者不詳の「traditional トラディショナル」的な位置づけとされていき、今日に至っている。

【関連ページ】 スコットランド民謡特集へ

【試聴】Will Ye Go Lassie Go Scotland Music

歌詞の一例・日本語訳(意訳)

Oh, the summer time is coming,
And the trees are blooming,
And the wild mountain thyme
Grows around the blooming heather.
Will you go, lassie, will you go?

夏が近づき 木々は生い茂る
山に咲くワイルドタイムは
満開のヘザーの周りに咲き乱れる
娘さん、一緒に行きませんか?

Chorus:
And we'll all go together
To pull wild mountain thyme
All around the blooming heather,
Will you go, lassie, go?

二人で一緒に
山に咲くワイルドタイムを積みに
咲き乱れるヘザーの周りで
娘さん、一緒に行きませんか?

関連ページ

有名なスコットランド民謡
『蛍の光』、『アニーローリー』、『故郷の空』、『ロッホ・ローモンド』など、有名なスコットランド民謡の歌詞・日本語訳・試聴