はたけのポルカ(森のポルカ)

ポーランド民謡(?)/幼稚園で人気の歌

『はたけのポルカ(森のポルカ)』は、幼稚園などで歌われる子供向けの歌。ピアノ初学者向けの練習曲にも使われる。原曲はポーランド民謡とされるが詳細は不明。

歌い出しは「いちばんめの はたけに キャベツを うえたら」。その後の歌詞では、じゃがいも、小麦、トマト、大根が植えられていく。

ところが、せっかく植えたキャベツをひつじがむしゃむしゃと食べてしまい、さらにこぶたがじゃがいもを、にわとりが小麦を、子牛(こうし)がトマトを食べてしまうという波乱の展開に。

ひつじやこぶたは捕まえられてしまうが、何も罰を受けることなく、畑のまわりでポルカを一緒に踊ってしまうという『森のくまさん』的な平和な世界が描かれている。

ただ、大根だけは例外で、成長の途中で動物たちに食べられてしまうことなく、「みたことないような だいこんできた」と無事収穫。最後には大根を囲んでポルカを踊ってハッピーエンディング。

【試聴】はたけのポルカ

中国では『人形の少女と小熊のダンス』

中国で歌われる子供向けの歌の一つに、『はたけのポルカ』と同じメロディで歌われる『洋娃娃和小熊跳舞』という曲がある。

曲名の意味は『人形の少女と小熊のダンス』といったところ。YouTubeでもいくつか動画がアップされており、中国ではある程度の知名度がある曲のようだ。

なぜ『はたけのポルカ』と同じメロディが用いられているのか、曲の成立に関して詳しいことは一切不明だ。

【試聴】中国版『洋娃娃和小熊跳舞

関連ページ

ポルカの有名な曲
『クラリネット・ポルカ』、『イエヴァン・ポルカ』、『トリッチ・トラッチ・ポルカ』など、日本でも有名なポルカの名曲特集
ヒツジのうた
『メリーさんのひつじ』、『メェメェ黒ヒツジさん』、『おおブレネリ』など、かわいい動物のヒツジに関する日本の童謡・世界の歌まとめ
こぶたのうた
『こぶたぬきつねこ』、『5匹のこぶたとチャールストン』など、子豚・こぶたに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
牛のうた
『南部牛追唄(牛方節)』、『ドナドナ』、『ゆかいな牧場』など、牛・ウシに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。