童神 わらびがみ

赤子をあやす母親の温かく包容力あふれる愛の歌

『童神 (わらびがみ)』は、沖縄音楽を代表する女性歌手、古謝美佐子(こじゃ みさこ/1954-)の沖縄風歌曲

歌詞では、産まれて間もない赤子をあやす母親の温かく包容力あふれる大らかな愛が描かれている。

ジャケット写真:古謝美佐子 天架ける橋(2013年リマスタリング盤)

初孫の誕生を祝うために1997年に書かれたこの『童神 (わらびがみ)』は、古謝美佐子が沖縄民謡グループ「ネーネーズ」脱退後、初の自主制作盤シングルとして1997年12月にリリースされた。作曲は夫の佐原一哉。

沖縄民謡・沖縄ソング特集へ沖縄民謡・沖縄ソング特集へ

NHKドラマ「ちゅらさん」で一躍有名に

『童神 (わらびがみ)』が全国的な知名度を獲得したきっかけは、何と言っても2001年9月に放送されたNHK朝の連続ドラマ「ちゅらさん」サントラとして全国のお茶の間に流れたことが大きいだろう。

沖縄県(小浜島)を主な舞台としたNHKドラマ『ちゅらさん』では、国仲涼子が演じる主人公・ヒロインの古波蔵 恵里(上村 恵里)と息子の和也が小浜島へ渡るシーンで、『童神 (わらびがみ)』が挿入歌的に印象的に用いられた。

数多くの女性アーティストがカバー

その後、『童神 (わらびがみ)』はテレビ視聴者のみならず数多くの女性アーティストらにも注目され、フォークソンググループ「赤い鳥」の山本潤子、女性デュオ花*花(はなはな)、夏川りみ、城 南海(きずき みなみ)などによるカバー版が多数リリースされている。

ジャケット写真:夏川りみ 南風 『童神 (わらびがみ)』収録(ダウンロード版)

山本潤子版は、2002年2月のNHKみんなのうた『童神 ~天の子守唄~』として全国放送され注目を集め、その後もNHKみんなのうたで2003年4月、2004年2月、2008年2月に再放送されている。

城 南海(きずき みなみ)版は、2010年3月スタートのNHK連続ドラマ「八日目の蝉」主題歌・テーマソング『童神 ~私の宝物~』として放送された。

夏川りみ版は日本レコード大賞で金賞

沖縄県石垣市出身の夏川りみが2003年にカバーした『童神 〜ヤマトグチ〜』はヒット曲となり、同年の第45回日本レコード大賞において金賞(大賞ノミネート作品)を獲得した。ちなみに日本レコード大賞は浜崎あゆみ『No way to say』。

夏川りみは2002年のミニ・アルバム「南風」において、沖縄方言の歌詞を用いた『童神 (わらびがみ)』 ウチナーグチ・バージョンを収録しているほか、2006年のアルバム「RIMITs ベスト・デュエット・ソングス」で、古謝美佐子とのデュエットによる『童神 〜太陽・月バージョン〜』を発表するなど、同曲をレパートリーの一つとして大切に歌い続けている。

【試聴】古謝美佐子 『童神』

【試聴】夏川りみ『童神~ヤマトグチ~』

沖縄民謡・沖縄ソング特集へ沖縄民謡・沖縄ソング特集へ