お菓子と娘 歌詞の意味

エクレアをむしゃむしゃと食べ歩く二人のパリ娘

『お菓子と娘』(おかしとむすめ)は、作詞:西條八十(さいじょう やそ)、作曲:橋本国彦により1928年(昭和3年)に作曲された日本の歌曲。合唱曲としても知られる。

フランス文学者の西条はパリへの留学時代があり、パリでの経験や見聞が『お菓子と娘』の歌詞に反映されているようだ。

写真:フランスのパティスリー(出典:Wikipedia)

『お菓子と娘』の歌詞では、二人の「巴里(パリ)娘」、いわゆるパリジェンヌ(Parisienne)が主人公として登場する。歌詞の意味について簡単にまとめてみた。

【試聴】お菓子と娘(西条八十)

お菓子の好きな二人のパリ娘

写真:パリのパティスリー(出典:エクスペディア)

お菓子の好きな 巴里(パリ)娘
二人そろえば いそいそと
角の菓子屋へ 「ボンジュール」

最初の歌詞では、お菓子の好きな二人のパリ娘が、角の菓子屋、すなわちパティスリーへ向かう様子が描写されている。

エクレアをむしゃむしゃ

写真:エクレール・オ・ショコラ(出典:parisnavi.com)

選る間(よるま)も遅し エクレール
腰もかけずに むしゃむしゃと
食べて口拭く 巴里娘

歌詞の「選る間(よるま)も遅し」とは、選ぶのに時間がかかっている様子。

「エクレール」とは、いわゆるエクレアのこと。日本でも一般的なチョコがかかったものは、エクレール・オ・ショコラ(éclair au chocolat)と呼ばれる。ちなみに、「エクレール」とは仏語で「雷・稲妻」を意味する。

空は五月の「みずあさぎ」

パリのセーヌ川とエッフェル塔

残るなかばは 手に持って
行くは並木か 公園か
空は五月の みずあさぎ

「みずあさぎ」とは「水浅葱」、つまり水色がかった「浅葱色(あさぎいろ)」のこと。緑みの淡い青色を意味している。

浅葱色(あさぎいろ)とは、ごく薄い藍色、または明るい青緑色。青色よりも緑に近く、花色より薄い。幕末に新選組が羽織等で使用した。

ラマルチーヌの銅像

ラマルチーヌ(ラマルティーヌ)の銅像

人が見ようと 笑おうと
小唄まじりで かじり行く
ラマルチーヌの銅像の
肩で燕の宙がえり

「ラマルチーヌ」とは、19世紀フランスの詩人アルフォンス・ド・ラマルティーヌ(Alphonse de Lamartine/1790-1869)。ロマン派の代表的詩人で、フランスにおける近代抒情詩の祖と称賛される。

『お菓子と娘』作詞者・西條八十がパリに留学していた当時の銅像は、上写真のブロンズ像。現在は立像(石像)になっている。

関連ページ

西條 八十 さいじょう やそ 有名な歌
『東京音頭』、『毬と殿様』、『肩たたき』など、西條八十の有名な童謡・代表曲まとめ
有名なフランス民謡・童謡・歌曲
『クラリネットをこわしちゃった』、『月の光に』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳まとめ
お菓子のうた お菓子に関する童謡・音楽
『アイスクリームの歌』、『ケーキをこねて』、『おはぎがお嫁に行くときは』など、お菓子をテーマとした有名な歌まとめ