ローレライ Die Lorelei

ドイツ歌曲/作曲:フリードリヒ・ジルヒャー

『ローレライ(Loreley)』は、ドイツの作曲家フリードリヒ・ジルヒャー(Friedrich Silcher1789-1860)による1838年作曲のドイツ歌曲。

歌詞は、ドイツの著名な詩人ハインリッヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine/1797-1856)による詩が用いられた。

日本では、明治42年の『女声唱歌』に掲載された近藤朔風氏による訳詞が広く知られている。

ライン川にそびえる岩山ローレライ

ローレライ(Loreley)は、ライン川流域の町ザンクト・ゴアルスハウゼン近くにある、水面から130mほど突き出た岩山(上写真)。

 ライン川下りでも有名で、周辺にはフドウ畑や古城が点在し、ローレライの岩の上に登ることもできる。

ローレライの岩のあたりは、川幅が少し狭く流れも急になるため、昔から遭難する船が多かったという。

魅惑の美声で人々を惑わす妖精ローレライ伝説

ローレライには、昔からいくつかの妖精の伝説が残されている。内容には多少の違いがあるようだが、ローレライとは、不実な恋人に絶望してライン川に身を投げた乙女で、水の精となった彼女の声は漁師を誘惑し、岩山を通りかかった舟を次々と遭難させていったという。

【試聴】ローレライ Die Lorelei

訳詩:近藤 朔風

なじかは知らねど心わびて
昔のつたえはそぞろ身にしむ
さびしく暮れゆくラインのながれ
いりひに山々あかくはゆる

うるわしおとめのいわおに立ちて
こがねの櫛とり髪のみだれを
梳きつつくちずさぶ歌の声の
くすしき魔力(ちから)に魂(たま)もまよう

こぎゆく舟びと歌に憧れ
岩根もみやらず仰げばやがて
浪間に沈むるひとも舟も
くすしき魔歌(まがうた)うたうローレライ

関連ページ

有名なドイツ民謡・歌曲
『ローレライ』、『こぎつね』、『魔王』など、日本でも有名なドイツ民謡・歌曲