かわいいミュゼット

18世紀フランス歌曲『O ma tendre musette

『かわいいミュゼット』は、ヤマハのピアノ教本でおなじみの子供向けピアノソロ曲。シンプルだが物憂げで切ないメロディが人気の曲だ。

フランス民謡」、「外国曲」などと説明されることが多いが、原曲はおそらく18世紀後半頃に作曲されたフランス歌曲『O ma tendre musette』。

同歌曲の作曲者については、フランスのオペラ作曲家ピエール=アレクサンドル・モンシニ(Pierre-Alexandre Monsigny/1728-1817)とする説が有力な模様。ラ・ププリニエール(ou peut-être La Pouplinière)の名前もみられる。

作詞者は、フランスの劇作家ジャン・フランソワ・ラ・アルプ(Jean-François de La Harpe/1739–1803)。

O ma tendre musette』は単独で作曲された歌曲というよりは、何らかのオペラ作品の劇中歌の一つとして作曲されたものと考えられるが、詳細は不明。

【試聴】O ma tendre musette

歌詞の一例(フランス語)

Ô ma tendre musette !
Musette des amours
Toi qui chantais Lisette
Lisette et les beaux jours
D'une vaine espérance,
Tu m'avais trop flatté
Chante son inconstance
Et ma fidélité.

関連ページ

フランス民謡・童謡 有名な曲
『クラリネットをこわしちゃった』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳