河は呼んでいる フランス映画主題歌

南フランスのデュランス河と少女オルタンスの物語

『河は呼んでいる L'eau vive』は、1957年のフランス映画「河は呼んでる」主題歌・シャンソン。作曲:ギイ・ベアール(Guy Beart/1930-2015)。

邦題は『河は呼んでる』、『河はよんでる』、『川は呼んでる』など表記のゆれがあるが、どれも同じ曲を指している。

日本語への訳詞はいくつかあり、①シャンソン歌手・中原 美紗緒版、②NHKみんなのうた・音楽教科書版、③シャンソン歌手・越路吹雪版の3つが知られている(後述)。

ちなみに、『河は呼んでいる』の「河」とは、映画の舞台である南フランスのデュランス河(写真/出典:Wikipedia)。映画では、川のダム工事で支払われた賠償金を相続した少女オルタンスの苦悩と成長が描かれる。

中原 美紗緒『河は呼んでる』

映画公開当時人気のあったシャンソン歌手・中原 美紗緒(なかはら みさお/1931-1997)は、音羽たかし訳詞の『河は呼んでる』で1958年(第9回)NHK紅白歌合戦に出場した。

歌いだしの歌詞は「デュランス河の 流れのように」。歌の前半ではフランス語による歌唱が入る。映画の内容をある程度反映しており、主人公の少女「オルタンス」の名前も歌詞に使われている。

【試聴】中原美紗緒 河は呼んでいる

NHK「みんなのうた」・音楽教科書版

中原 美紗緒版の大ヒットを受け、5年後の1963年にはNHK「みんなのうた」で『河は呼んでいる(河はよんでる)』として放送された。

歌詞は映画の内容とは離れたオリジナル版。作詞:水野汀子。その後、中学校や高校の音楽教科書に掲載された。歌詞の冒頭は次のとおり。

そよふく風に 小鳥の群は
河の流れに ささやきかける
ごらんよ あの空 しあわせの陽が
あなたの上にも ほほえんでいる

シャンソン歌手・越路吹雪版

シャンソン歌手・越路吹雪も『河は呼んでいる』を日本語カバーしている。岩谷時子作詞による歌詞は、若い男たちが娘を狙ってるから気をつけろ、といったラブソング的な内容となっている

歌いだしの歌詞は、「あの娘は河の 溢れる水よ 走れば子等は 追いかけてゆく」。越路吹雪版はあまり知名度は高くない。

関連ページ

フランス民謡・童謡 有名な曲
『クラリネットをこわしちゃった』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳
川のうた 河川に関する民謡・童謡・音楽
『モルダウ』、『ローレライ』、『美しく青きドナウ』、『深い河』など、河川をテーマとした有名な世界の歌まとめ