ひなげし(かわいいコクリコ)

フランス民謡・童謡『Gentil Coquelicot

『ひなげし Gentil Coquelicot』(ジョンティ・コクリコ/かわいいコクリコ)は、18世紀中ごろから伝わるフランス民謡・童謡

曲名のフランス語「Coquelicot」(コクリコ)はヒナゲシの花を意味する。ジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の「コクリコ」も同様。

日本では、NHK「みんなのうた」で1966年8月に『ひなげし』のタイトルで初回放送された。歌い出しの歌詞は「森かげに花を 摘みに来てみたら」。

日本語版の歌詞の内容は、男の子は花をむしるから嫌い、女の子はとても優しいから好き、と擬人化されたヒナゲシの花が男の子と女の子について好き嫌いを話すというストーリー。

原曲のフランス語の歌詞では、庭に花を摘みに来た主人公の元にサヨナキドリ(ナイチンゲール/ヨナキウグイス)が飛んできて、「男なんて価値がない、若い男はろくでもない、若い女性は素晴らしい」と毒舌を吐くという辛口な内容となっている。

【試聴】Comptine : Gentil coquelicot

歌詞の一例(フランス語)・日本語訳(意訳)

J'ai descendu dans mon jardin
J'ai descendu dans mon jardin
Pour y cueillir du romarin.

ローズマリーを摘みに 庭へ行った

Gentil coq'licot, Mesdames.
Gentil coq'licot nouveau.

<コーラス>
かわいいヒナゲシ 奥様
かわいいヒナゲシ 新しい

<参考:コーラス部のカタカナ発音>
ジョンティ コクリコ メダム
ジョンティ コクリコ ヌヴォ!)

2番以降の歌詞(コーラス・重複は省略)

2. Pour y cueillir du romarin
J'en avais pas cueilli trois brins,

ローズマリーを摘みに行ったら
三本も摘まないうちに

3. J'en avais pas cueilli trois brins
Qu'un rossignol vint sur ma main.
三本も摘まないうちに
ナイチンゲールが飛んできて

4. Qu'un rossignol vint sur ma main.
Il me dit trois mots en latin.
ナイチンゲールが飛んできて
ラテン語で文句を言った

5. Il me dit trois mots en latin.
Que les hommes ne valent rien.
ラテン語で文句を言った
男なんて価値がないって

6. Que les hommes ne valent rien.
Et les garçons encore moins bien.
男なんて価値がないって
若い男は特にろくでなしだって

7. Et les garçons encore moins bien.
Des dames, il ne me dit rien.
若い男は特にろくでなしだって
けど女性については特になくて

8. Des dames, il ne me dit rien.
Mais des d'moiselles beaucoup de bien.
けど女性については特になくて
若い女性は素晴らしく良いって

関連ページ

フランス民謡・童謡 有名な曲
『クラリネットをこわしちゃった』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳