Long Long Ago
思い出(久しき昔)

イングランド民謡/あの歌を歌ってくれないか 君が歌っていたあの歌を

『Long Long Ago 思い出(久しき昔)』は、イギリスの古い歌曲。

1833年にイギリスの音楽家トーマス・ヘインズ・ベイリー(Thomas Haynes Bayly/1797-1839)によって作曲された。

写真:ロンドンの王立公園ハイドパーク Hyde Park

日本では、近藤朔風の訳詞による文部省唱歌『久しき昔』として知られている。

ちなみに、近藤 朔風の翻訳作品としては、『野ばら』、『ローレライ』、『菩提樹』、『シューベルトの子守歌』などが有名。

【試聴】Long Long Ago 思い出(久しき昔)

【関連ページ】 イングランド民謡特集へ

歌詞・日本語訳(意訳)

1.Tell me the tales that to me were so dear,
Long long ago, long long ago
Sing me the songs I delighted to hear,
Long long ago, long ago

懐かしいあの話をしてくれないか
とおい とおい 昔の
喜んで聞いていたあの歌を歌ってくれないか
とおい とおい 昔の

Now you are come, all my grief is removed
Let me forget that so long you have rov'd;
Let me believe that you love as you lov'd
Long long ago, long ago

君に会えば 全ての悲しみは消え去る
君の移り気は忘れよう
昔の君を信じてみたいんだ
とおい とおい 昔の

2. Do you remember the path where we met?
Long long ago, long long ago
Ah, yes, you told me you ne'er would forget
Long long ago, long ago

僕等が会った小道を覚えているかい?
とおい とおい 昔に
そうさ 君は絶対に忘れないと言っていた
とおい とおい 昔に

Then to all others my smile you preferr'd
Love, when you spoke, gave a charm to each word;
Still my heart treasures the praises I heard,
Long long ago, long ago

誰よりも僕の笑顔を好きでいてくれた君
愛は全ての言葉を魅力的に感じさせた
君の言葉は今も大切に心に留まる
とおい とおい 昔に

3.Though by your kindness my fond hopes were rais'd
Long long ago, long long ago
You by more eloquent lips have been prais'd
Long long ago, long ago

君の優しさが 僕の期待を募らせるほど
とおい とおい 昔の
君への褒め言葉は饒舌になっていく
とおい とおい 昔の

But by long absence your truth has been tried
Still to your accents I listen with pride;
Blest as I was when I sat by your side
Long long ago, long ago.

長い留守の間 君は誠実でいられるか
君の話し方を誇らしげに聞いていた
君の隣で座っているときがとても幸せだった
とおい とおい 昔の