デイジー・ベル Daisy Bell

コンピューターが初めて歌ったポピュラーソング

『デイジー・ベル Daisy Bell』は、1892年にイギリスのハリー・ダクレ(Harry Dacre/1857–1922)が作曲したポピュラーソング。

曲名は、その歌詞の一部から『デイジー・デイジー Daisy, Daisy』、または『二人乗りの自転車 Bicycle Built for Two』などのタイトル表記も見られる。

ヒナギクの花は英語で「デイジー daisy」だが、同曲では人名として用いられており、そのモデルは、エドワード7世の妾の1人ウォリック伯爵夫人デイジー・グレヴィル(Daisy Greville, Countess of Warwick)とされている。

【試聴】Daisy Bell (Bicycle Built for Two)

歌詞の一例・日本語訳(意訳)

There is a flower
Within my heart,
Daisy, Daisy!

Planted one day
By a glancing dart,
Planted by Daisy Bell!

心の中に咲く花
デイジー デイジー
一目見て心に咲いた
それはデイジー・ベル

Whether she loves me
Or loves me not,
Sometimes it's hard to tell;

Yet I am longing to share the lot –
Of beautiful Daisy Bell!

彼女が僕を愛してるかどうか
時々分からなくなるけど
美しいデイジーベルと分かり合いたいんだ

Daisy, Daisy,
Give me your answer do!
I'm half crazy,
All for the love of you!

デイジー デイジー 答えておくれ
おかしくなりそうさ すべて君の愛で

It won't be a stylish marriage,
I can't afford a carriage
But you'll look sweet upon the seat
Of a bicycle made for two.

おしゃれな結婚式はできないかも
四輪馬車は高くて買えないけど
きっと素敵に見えるはずだ
二人乗りの自転車に乗った君は

iPhoneでSiriが歌った?

1961年、ベル研究所のコンピュータ「IBM 7094」が打ち込みで『デイジー・ベル Daisy Bell』を歌った。これはコンピュータが初めて歌を歌った瞬間でもあった。

このエピソードにより、同曲はコンピュータと関係の深い曲として認知され、1968年のSF映画「2001年宇宙の旅」では、解体直前のコンピュータHAL 9000が残された力で『デイジー・ベル Daisy Bell』を歌うシーンが登場する。

アップル「iPhone 4S」では一時期、iOS向け秘書機能アプリ「Siri」に「歌って」とリクエストすると、Siriが『デイジー・ベル Daisy Bell』を口ずさんで答える機能が搭載されていた(最新バージョンではこの機能は無いようだ)。

関連ページ

イギリス民謡・童謡(イングランド)
『グリーンスリーブス』、『スカボローフェア』など、日本でも有名なイギリス民謡(イングランド民謡)の歌詞と視聴
マザーグース・子供向けの英語の歌
『ハンプティ・ダンプティ』、『ロンドン橋』など、人気のマザーグース特集