露の朝 Ej padá, padá rosička

チェコ民謡(ボヘミア民謡)

『露の朝 Ej padá, padá rosička』は、作曲者不明のチェコ民謡(ボヘミア民謡)

日本の古い歌曲『霜のあした(僧院の庭)』のページでは原曲として紹介したが、実際に原曲なのかどうかは不明。

なお、『Ej padá, padá rosička』の日本語タイトルについては、まだ定まった邦題はつけられていないようだ。

当サイトでは、紹介する便宜上『露の朝』という曲名を用いているが、他にも『草葉の露』、『朝の露』(あしたのつゆ)、『朝露』、『露の別れ』などとしても面白いかもしれない。

ちなみに同曲は、チェコのプログレ・ロックバンド、Blue Effect(BLUE EFEKT/MODRY EFEKT)が『Ej padá padá rosenka』としてカバーしている。YouTubeでも動画がいくつか上がっており、演奏機会も多いようだ。

【試聴】 Ej padá, padá rosička

【試聴】Blue Effect『Ej padá padá rosenka

歌詞の一例(チェコ語)・日本語訳(意訳)

1.
Ej, padá, padá rosička,
spali by moje očičká,

/:spali by moje, spali by aj tvoje,
spali by oni oboje.:/

露の朝 僕はまだ眠い
君の眼も眠たげ
二人とも眠いんだ

2.
Ej, padá, padá listopad,
pozdravuj milú na stokrát,

/:pozdravuj milú, holubienku sivú,
že sa nevrátim nikdy viac.:/

11月が近づいて
恋人に何度も挨拶をした
灰色のハトよ伝えておくれ
僕はもう戻って来れないと

戦地へ赴く別れの歌

歌詞の解釈は様々だと思われるが、このページでは一つの解釈として、戦地へ赴く男性が恋人に別れを告げる歌として訳出した。

朝露のようにはかない二人の恋路、露のしずくは涙の暗喩だろうか。

関連ページ

チェコ民謡・ボヘミア民謡 有名な歌
『おお牧場はみどり』、『手をたたきましょう』など、日本でも有名なチェコ民謡、スロバキア民謡、ボヘミア民謡
霜のあした(僧院の庭)
原曲はボヘミア民謡とされる日本の古い歌曲