クカブラ(ワライカワセミ)

オーストラリアの童謡『Kookaburra』

『クカブラ Kookaburra』は、ワライカワセミ(Laughing kookaburra)をモチーフとしたオーストラリアの童謡

曲名は、冒頭の歌詞から『Kookaburra sits in the old gum tree』(ワライカワセミが古いガムの木(ユーカリ)にとまってる)とも題される。

オーストラリアの教師だったマリオン・シンクレア(Marion Sinclair/1895–1988)が、1932年にガールスカウト向けの曲として作詞・作曲した。

ワライカワセミとは?

ワライカワセミ(Laughing kookaburra/ラッフィング・クッカバラ)は、オーストラリアに分布する大型のカワセミの仲間。

鳴き声が人の笑い声に似ていることからその名がつけられた。カラスより少し小さい。日本のカワセミとは異なり、水辺で捕食することはほとんどない。

【試聴】Muffin Songs - Kookaburra

【試聴】ワライカワセミの鳴き声

関連ページ

オーストラリア民謡・オセアニア民謡
有名なオーストラリア民謡と、ニュージーランドやフィリピンなど周辺の島国に伝わる民謡を特集