Click, Go the Shears!
調子をそろえてクリック クリック クリック!

オーストラリア歌曲/羊毛刈りの老人が 大きなハサミを握り締め

『Click, Go the Shears!』は、オーストラリアの歌曲。羊の毛を刈るショーなどでよく流れているという。

日本では、NHK「みんなのうた」で、『調子をそろえてクリック、クリック、クリック!』として紹介された。

『Click, Go the Shears!』の原曲は、『大きな古時計』の作曲者ヘンリー・C・ワークが1859年に作曲した『Ring the Bell, Watchman』。

【試聴】調子をそろえてクリック クリック クリック!

歌詞(一部)・日本語訳(意訳)

Out on the board
The old shearer stands,
Grasping his shears
In his thin bony hands;
Fixed is his gaze on
A bare-bellied yoe,
Glory if he gets her,
Won't he make the ringer go.

羊毛刈りの老人が立っていた
大きなハサミを握り締め
細い痩せこけた手で
彼はじっと見つめてた
毛の少ない羊を
もし老人がその羊を前にしたら
家畜の世話係を逃がしはしない

Chorus:
Click go the shears boys,
Click, click click,
Wide is his blow
And his hands move quick,
The ringer looks around
And is beaten by a blow,
And curses the old snagger
With the bare-bellied yoe.

<コーラス>
チョキンといこう クリッククリッククリック
はさみ捌きも軽やかに
ボーっとしていた家畜の世話係が
老人の毛刈りに肘打ち喰らってた
老人の毛刈りをののしった

関連ページ

ヒツジのうた
『メリーさんのひつじ』、『メェメェ黒ヒツジさん』、『おおブレネリ』など、かわいい動物のヒツジに関する日本の童謡・世界の歌まとめ
オーストラリア民謡・オセアニア民謡
有名なオーストラリア民謡と、ニュージーランドやフィリピンなど周辺の島国に伝わる民謡を特集