ラ・クンパルシータ
La Cumparsita

タンゴの名曲/モンテビデオのタンゴバーから世界中へ

ベスト・オブ・アルゼンチン・タンゴ [Compilation]

『ラ・クンパルシータ』は、ウルグアイの音楽家ヘラルド・マトス・ロドリゲスにより1919年に作曲されたタンゴの名曲

タイトルの「Cumparsita(クンパルシータ)」とは、イタリア語の「Comparsa(仮装行列)」がなまったもので、「Cumparsita」はその縮小語。カーニバルに参加する仲間のために作曲されたという。

作曲者のロドリゲスは、1910年代から40年代にかけて、ウルグァイの首都モンテビデオの下町にあるタンゴバーでピアノを弾いていた。

彼が働いていたバー「ベチョの家」(ベチョはロドリゲスの愛称)は現在でも営業しており、毎週金・土曜日の夜にタンゴショーが開かれているそうだ。

【試聴】ラ・クンパルシータ La Cumparsita

有名なラテン音楽 解説と試聴